心理テストって当たる?
0
    日本のテレビを見ていた時のこと。
    普段から「心理テスト」のようなものに非常に懐疑的なネコ博士にもやってもらってみた。

    それは…
    崖を登った先に動物がいました。その動物は何?その動物をどうする?
    というもの。

    ネコ博士の答え「ネコ」で「ついていく」

    それは運命の相手に対する行動を表しているのだそう。

    まぁ動物はいいです。愛猫家だもの。
    うーん、でもネコを見かけたらやっぱりついていくしかないかなぁ。

    出演者たちは「捕まえる」か「見ている」と答えが別れ、「捕まえる」系は運命の相手に出会った時にプロポーズして結婚することができると診断されていたが「ついていく」というのは相手に任せるってことか。
    うん、思い当たる節はある。

    それまで「心理テスト」を「占いの仲間」とか散々な事を言っていたのに、今回のテストに関しては何も言わなかった。

    当たってるって思ってるよね。ふふふ。
    カテゴリ:日記 | 00:49 | comments(0) | - | - |
    Rain
    0
      先日、私の大好きな関ジャニ∞のメンバーが「Rain」という曲を演奏しながら歌っていた。

      秦基博さんバージョンで。

      メインボーカルは丸山隆平くん。彼は関ジャニがバンド演奏する時はベース担当なので、ソロで楽器を弾きながら歌うことはあまりない。
      今回も楽器は持たずに、ボーカルのみ。大丈夫かなぁ…

      もともと声は高めだが、歌い始めを聴いて驚いた。
      オリジナルの大江千里とそっくりだったのだ。

      「Rain」の入っている大江千里のアルバム「1234」 視聴及び一曲買いもできます。

      声質や歌い方が似ているのか、まっすぐに素直に伸ばすところは瓜二つ。

      その後、ギターを弾きながらボーカルを引き継いだ錦戸亮ちゃんはロック調でタメるは、シャクるは、普段聴いている音楽がモロわかりの歌い方だったが、それも個性。

      また丸ちゃんに戻って、「ふっふ〜」の間奏を挟んで、キーボードを演奏しながら歌う村上信五!カラオケで歌うと言っていただけあって、かなり余裕のようで、いつもは鍵盤ばかり見ているのに、今回は手元を見ずに弾いているときもあった。すごい!でも一か所だけ音が不安定なところが気になったよ…残念。

      今年の雨天のテーマソングだなぁ。
      カテゴリ:日記 | 03:05 | comments(0) | - | - |
      運動の記録
      0

        ふと思い立ったので、運動の記録を残しておこうと思う。
        というのも、今までも公言している通り、基本的には運動はあまり好きではないので、
        目に見える「成果」があると少ないやる気も刺激されるのではないかという期待と、
        ブログに記録することで「ま、やらなくてもいいか」を防ぎたいというシタゴコロと、
        また、忙しさにかまけて更新が滞っていたブログ記事をアップするリハビリで一石二鳥を狙う気持ちと、
        そして何より、特に大会に出る予定もない大人になった元競泳選手が「泳ぐ」ことについての情報が少なすぎたので、こういうニッチな情報を探している同士のために、一つの例として残しておこうと思ったのだ。

        今は久しぶりに泳いでいるので、ピーク時の自分のイメージと実際の身体の動き方のギャップを把握するために4種目をまんべんなく泳ぐようにしているところ。

        ウォーミングアップは200か300の個人メドレー(各50または75メートル)
        SKPS(CKPC)25メートルx4種目=400メートル
        プル25メートルx4種目=400メートル
        キック25メートルx4種目=400メートル
        Time AttackをS1とS2で50メートルを7本、60秒サークルで。
        途中100メートルのストレッチを兼ねたインターバルを入れる。だいたい平泳ぎ。
        200か300の個人メドレー
        余力があればS1・S2を300〜400メートル。最後の100はクールダウンも兼ねて。
        そうでない時はクールダウン50メートル。

        細々と区切っているのは数え間違いが起こりにくいようにというのと、一人で1コース使えない場合、区切りやすいように。

        そう、これが全部泳げればいいのだけど、体調や時間、混み具合によって1500〜2500メートルぐらいを泳ぐことが多い。

        仕事が落ち着いた今、目標は週に3日!
        カテゴリ:運動記録 | 02:48 | comments(0) | - | - |
        【定期ポスト】ロンドンもっと偏食生活No.34
        0
          「ロンドン偏食生活」がパワーアップして帰ってきました。

          サンプルページもこちらから。
          ロンドンもっと偏食生活

          これまでの軽妙な文体はそのままに、もう少し深く突っ込んだり俯瞰したりと新たな切り口で、日本と同じようにはいかないイギリス生活を楽しんでいる様子や、在英20年を過ぎてもまだ新しい発見が見つかる英語の面白さをお届けします。

          本日の日本時間午後5時に最新号を配信します。

          タイトルは「猫のストレス 」で、驚くほど繊細な猫と健康について。
          猫の好きな人にはぜひ読んでほしい回です。

          月に3回発行、月額599円(税込み)。申し込み初月は無料。
          今申し込むと今月分が無料になります。月途中の登録でもその月中に発行されたメルマガが全て届きます。

          是非登録してくださいね。
          カテゴリ:メルマガ | 02:47 | comments(0) | - | - |
          大英博物館で「ムなんとかク」展
          0
            大英博物館でムンク展を見た。
            ムンクと言えば「叫び」なのだが、当然それ以外にも作品はあるし
            作家の背景も、何も知らないだけに全てが新鮮だった。

            エドヴァルド・ムンクは19世紀末のノルウェーの首都、今はOslo(オスロ)というが、当時はKristianiaという名前の町の出身。

            若い時はベルリンやパリに長期逗留して、それぞれの町に集まってきた芸術家たちと交流があり、それが彼の及び他の芸術家たちの刺激になり創作に影響を与えたのは想像に難くない。
            彼の絵には北ヨーロッパ独特の暗さがあると聞いたが、それはどこまでが彼の持って生まれた個性で、どのあたりが生まれた国のもので、どこからがドイツやフランス滞在中に培われたもので、どの辺が時代によるものなのか、きっちりと線を引くなんてことはできないだろう、と感じた。なぜなら当時のオスロの動画があったのだが、白黒なのにはっきりといい天気だとわかり、映っている人々はとても気持ちがよさそうだったのだ。

            展示されていた絵の中の一つは「接吻」というタイトルで、画面中心に抱きあい、キスをしている男女が描かれていたのだが、それを見た瞬間、グスタフ・クリムトの「接吻」
            を思い出した。色彩は全然違うが、なぜか似ている。
            この絵は2018年のムンク展で日本にも来ていたのでご覧になった方も多いのではないだろうか。
            そして「接吻」と言えば、ロダンの彫刻。去年、大英博物館で見たばかりなので、それもまた記憶の糸を手繰りやすかったからかもしれない。
            更にジョンとヨーコのキス写真も思い出した。

            他に気になった作品はムンクの初恋の人。人妻をモデルに描いた何枚かの絵。特に森の中で「i」のような形をした月が浮かんでいる絵がポーズといい、帽子のつばの大きさやモデルの眉の太さから80年代のアイドルを彷彿させる。同じく「i」のような形が画面左奥に描かれているシリーズで3人の女性が描かれている絵も興味深かった。世代の違う3人の女性(同一人物?)が手を組んで木の前に立っているのだが、画面左に白いドレスを着た乙女は手を腰のあたりで後ろに組んで、ちょっと前かがみ気味に立っている。生殖期の女性が画面中央に何も着ないで両手を頭の後ろで組み、足を広げて堂々と誇らしげに立っている。画面右は黒い長いドレスを着た婦人が手を体の前で組んでうつろな目をして佇んでいる。というもの。いろいろな解釈があるのだろうし、それを聞くともっと面白いのだろうけど、そういう情報がなくても何か惹かれるものに出会えるのが展覧会の楽しみでもある。

            大英博物館ではマンガ展も開催しており、それについては「ロンドンもっと偏食生活」で報告しています。どうぞご購読ください。
            カテゴリ:日記 | 02:16 | comments(0) | - | - |
            ギリシャヨーグルトの軽食
            0
              ヨーグルトはデザートかスナックかと聞かれれば、たぶん多くの人はデザートだと答えるだろう。

              ただ、私はギリシャヨーグルトに限っては軽食だと思う。
              腹持ちはフワフワのパンより断然いいし
              脂肪分5%を食べたとしても、スイーツよりも脂肪分糖分とも少ない。
              すぐに満腹感を味わえるバナナや、歯ごたえのあるナッツやミューズリを
              入れると朝ご飯になるのも当然だ。

              朝ご飯になるからといって、朝しか食べられないというのはもったいない。
              それに果物など一緒に食べるものも含めて量を調整すれば小腹が空いた
              時の軽食にピッタリなのだ。

              外にいてもギリシャヨーグルトの製品があるのはありがたい。


              これはオーツ麦やブルーベリー、細く切ったリンゴが入っている。
              それぞれがアクセントになっているし、色もきれいだ。

              これは人と会う直前で、お腹が鳴ると困るから手に取ったのだが
              美味しい発見になった。
              カテゴリ:食卓 | 17:54 | comments(0) | - | - |
              乳がんと夜勤の関係についての研究論文
              0
                もう15年近くになると思うのだが、私が参加している乳がん研究のグループの最新研究論文が先週、発表された。

                10年以上にわたって10万人以上のイギリスに住む女性を対象に乳がんの調査を続けている団体が、今回は特に夜勤で働く人々と乳がんのリスクについて、30年前から言われ続けていた「夜勤をすると乳がんのリスクが高まる」という説を数値で検証した。

                イギリスの大手日刊紙こぞって取り上げた。
                ここでは比較的読みやすいテレグラフ と インディペンデント のリンクをつけておく。

                素人の個人的な印象では、これが最初の研究発表なので、今後、別なグループを別なタイミングで調査したら、もしかしたら違う結果が出てくるのかもしれないが、まず10万人以上のグループを組織すること自体が難しいし、それを10年単位という長期にわたって研究するなんて、よほどの根気と設定の思慮深さが必要だ。簡単に言うと、想像を絶する。

                それに30年前と今では時代が違うし人々の生活パターンや働き方もかなり違っているだろう。日本で言うとちょうど平成時代を挟んでいるのだか、どれほど違っているか、想像しやすいだろう。

                30年前はパソコンも携帯もなかったし、 コンビニや24時間営業の店の数も違った。「24時間働けますか」と挑戦的なコピーが流行ったが、それに対して「無理無理」と家に帰る自由もあった。そして何より、夜ふかしや夜中に目覚めた時の友と言えばテレビやラジオ、ビデオや本などでブルーライトにさらされる時間は今より短かった。

                もし当時夜勤をしていた人たちが特に乳がんになりやすかったとしたら、今はその時の夜勤者と同じような生活習慣をしている夜勤をしていない人々の乳がんになる可能性も高まっているのではないだろうか。って誰か研究してるんだろうな。
                カテゴリ:日記 | 05:57 | comments(0) | - | - |
                【定期ポスト】ロンドンもっと偏食生活No.27
                0
                  「ロンドン偏食生活」がパワーアップして帰ってきました。

                  サンプルページもこちらから。
                  ロンドンもっと偏食生活

                  これまでの軽妙な文体はそのままに、もう少し深く突っ込んだり俯瞰したりと新たな切り口で、日本と同じようにはいかないイギリス生活を楽しんでいる様子や、在英20年を過ぎてもまだ新しい発見が見つかる英語の面白さをお届けします。

                  本日の日本時間午後5時に最新号を配信します。

                  タイトルは「言葉の壁を超えるのに本当に必要なもの」で、
                  一生懸命またはかなり長い期間外国語を勉強しているけど、イマイチ伸び悩んでいる
                  人にはぜひ読んでほしい回です。

                  月に3回発行、月額599円(税込み)。申し込み初月は無料。
                  今申し込んでも今月発行分が全て届きますので、ぜひ今月中に登録してくださいね。

                  よろしくお願いします。
                  カテゴリ:メルマガ | 16:06 | comments(0) | - | - |
                  忘れ物の以心伝心
                  0
                    地下鉄に乗っていた時の事。

                    一人空けて、右隣りに座っていたご婦人はキンドルで本を読んでいた。
                    足元に小ぶりのスーツケースと、ハンドバッグを置いている。

                    この「足元にバッグ」というのが、食事中の「テーブルにハンドバッグ」と同じくらい、いまだに解せないイギリス人の習慣である。

                    あんな所に置いて、盗まれたり、忘れたりしないんだろうか。
                    家に帰ってそのバッグをどこに置くのだろうかと考えながら、
                    別な方向を見ていた。

                    ある駅に着いた時にそのご婦人が立ち上がり、
                    スーツケースを動かしたのが目の端に入った。

                    ドアが開いたその瞬間、私の斜め前にいた人が「バッグ」と叫んだ。

                    立ち上がったご婦人は見事にハンドバッグを忘れていたのだ。

                    まさか私が妄想していたから現実になったとは思いたくないが、
                    私も立ち上がり、電車から降りかけていたご婦人にハンドバッグを渡した。

                    間に合ってよかった。

                    再び電車が動き始めてから、斜め前の人が言った。
                    「まさかスーツケースをもって、ハンドバッグを忘れるなんて…」

                    うん、ありえないよねぇ。

                    カテゴリ:日記 | 00:40 | comments(0) | - | - |
                    姫、あれでよかったのかな
                    0
                      三寒四温だからだろうか、SNSを見ていると、闘病中だったり、大往生だったりで可愛い毛皮の家族が天に召されたという報告が目につく、今日この頃。

                      中でも、どこかのシェルターのボランティアさんのところにいた、老齢で闘病中だった白いネコの記事が印象的だった。

                      その猫は、どうやら病気を持っていたことが原因らしく
                      飼い主に捨てられ、そこに来たそうだ。

                      最期をみとった人は「長い間一緒に住んだ人に見送ってほしかったに違いない」
                      と書いていたけど、本当にそうだろうか。

                      その方が、どのくらい一緒に過ごされたのかはわからないけれど、愛情深く、手厚く介護されていたことは行間から溢れている。

                      それこそが、その猫にとっては最善だったのではないだろうか。

                      病気の苦しさに加えて、元気な時はよくしてくれたニンゲンが急に態度を変えて、日々、悪態をついたり、いやいや世話をしていることが感じられたら、そんなにつらく、寂しいことはないのではないだろうか。


                      と、考えて、姫のことを思う。

                      ネコがライオンのようにガオーと叫ぶのは、この場所が不快だという表現だと何かで読んだことがある。
                      全ての雄たけびが不快の表明ではないのかもしれないけれど、それでも姫のあの声は何かを嘆いていたに違いないのだ。

                      それでもある日、ピタリと泣き止み(もしかしたら喉の腫瘍のせいだったかもしれないのだけど)、それ以来、私たちの腕で過ごす時間が劇的に増えた。

                      最初は抱き上げられることさえも嫌がっていたから、きっと前の人はしていなかったと思われる。それが抱っこ大好きになったってことは、姫、あれでよかったのかな。

                      今でも、愛しているよ。
                      カテゴリ:ネコ猫ねこ | 00:30 | comments(0) | - | - |
                      | 1/214PAGES | >>