龍のような木

  • 2020.09.21 Monday
  • 04:18
散歩がてら、ちょっと遠いカフェに食事に行ったが、あいにくとても混んでいたので、腹ごしらえもかねて、森に入る。

「英子の森」英子の森税込1,320(2020/09/20時点) 
という本を読んで、住宅街の近くに森があるなんてファンタジーだと言った人がいたが、全くそうは思わなかった。

実際、歩いて行ける範囲内に、こんな場所があるのだから。

のたうち回る龍のような巨大な木が倒れている。
この木をまたいで、もっと奥に進むとちょっとしたため池がある。

この自然公園に入ってから池を見て、また自然公園を出るまで1万歩ぐらい。
その距離だからだろうか、ジョギングをする人は公園の出入り口付近で何人か
すれ違っただけだった。

携帯の電波は入るけれど、家屋は見えず、人の気配もない。静かでとてもいいが、
朝夕は犬の散歩をする人が多く、愛猫家としては歩きにくい。

こういうところだったら、バラの庭園の先にビクトリア朝の家があってもおかしくはない。
もちろん、公園の外には本物のビクトリア時代以降、様々な様式の家が揃っているが。

イギリス、ファンタジー。異世界。

高級わさびが目に沁みる

  • 2020.09.20 Sunday
  • 05:06
毎週日曜日に買い物に行く英系スーパーで、寿司が売られている。さらに、いつも行く時間は見切り品の割引シールが貼られるタイミング。割引シールの黄色が見えると日曜日の夕食は寿司になる。黄色はプチ贅沢のサイン。

寿司といえばわさびがつきもの。そのスーパーにもチューブのワサビは売っているが、どうせ食べるなら美味しいわさびが食べたい。

具体的に言うと、これだ 

以前は日系スーパーでも扱っていたのだが、去年あたりから見かけなくなった。

ところが、日本からの人道支援物資の中に田丸屋のわさびが入っていた!
お母さん、ありがとう〜!

いつもなら4-5日で届くところ、その小包は10日以上かかって届いたのだった。
高級わさびが入っているとは知らなかったが、紛失じゃなくて本当によかった。

日本の郵便局に引き渡してから「出国」するまで2日。
それからイギリス「入国」まで8日。
イギリスについたのが夜で、翌日の昼過ぎには到着。

遅延の原因はたぶん、経由の貨物機で飛んできたからだと思われる。

コロナ前は3社が少なくとも一日に一便直行便を飛ばしていたが、今は3社交代で一日に1便飛ばすかどうか。日本で国際線を受け入れているのは東京と大阪だけ。

よくよく考えたら、何万、何百万もある小包が無事に届くためにはたくさんの人のおかげだ。

トラッキングシステムを作った人や、きちんと動くようにしてくれている人のおかげで今どこにいるかもわかる。

何より、小包を作って送ってくれる両親には感謝しかない。

あー、わさびが目に沁みる。

集合知

  • 2020.09.19 Saturday
  • 04:25
この前の繁忙期に「グーグルドライブにアップロードする方法がないから、自分のエクセルからコピペした」という同僚の言葉が気になっていたので、調べてみた。

グーグルドライブに自分のパソコンのデータをバックアップするという方法があったので、それが使えそうだと試してみた。

ネットで調べながらの検証なので、途中で画面を切り替えたら、いろいろと入力していた画面が消えてしまい、その画面を呼び出す方法を調べるなど、ちょっとした苛立ちを感じながらの作業。好きでやっているからいいのだけど。

最初に参考にしたのは個人のライターによる2020年1月の記事
グーグルドライブにバックアップする設定がとても丁寧にわかりやすく説明されていた。

一通りやってみて、無事にファイルをバックアップできたのだが、ファイル全部をバックアップするにはちょっと大きすぎる。しかしバックアップという性質上、ファイル以下の小さいドキュメント単位ではアップロードできない。

全部消去してやり直し。

やり直しだが、アプリのダウンロードや設定はもう終わっている。
二回目以降の説明は、その記事にはない。

調べなおして発見した記事は秋田県の企業が2018年に公開し、2020年2月に最終更新したもの。

わかりやすい。
さすが、企業は集合知。

もちろん、個人でも素晴らしいお仕事をする人はたくさんいるし、最初の記事もとても分かりやすかったし、実際、最初に調べたキーワードに反応したのはその個人の記事であって、企業のものではなかったのは、よく練られている証左だ。

しかしやはり集合知は企業の強みだろう。
一つの仕事に対して複数の人が同時に関係したり、時間を隔ててかかわったりして、精度を上げていく。
個人でも過去や未来の自分と協力すればできないわけではないが、不利というのは否めない。

まぁ、集合知を上手く使えない、使わない集団もあるから、個人にも勝算はある。
ということを考えながら作業をして、無事に当初の目的を果たすことができた。

皆様ありがとうございました。

アーモンド・クッキー

  • 2020.09.18 Friday
  • 02:21
ロックダウン中に新たにオープンしたカフェ。
カフェになる前はトルコ料理店が3回ほど経営者を変えて、合計10年ぐらいあった。
その前もお店だったと思うけど、覚えていない。こういう街の歴史みたいなのをきちんと記録しておきたい。

レストランだったときは、肉を食べに行っていたが、いつもすいていた。
家族連れや友人同士、職場のパーティーなど、人はいるのだが、
床面積が広く、空いているテーブルが目立ち、混んでいるという印象がないのだ。

しかし、それがコロナで三密を避けるようになったことと、カフェになったことで、いい方に作用した。

今度はいつ見かけても混んでいる。
店の外に出したテーブルも乳母車に乳児を乗せた母娘や夫婦、犬の散歩のついでに寄った人たちでいっぱい。


ある日、やっと室内のソファ席に入ることができた。
そこで頼んだのがこのアーモンドクッキー。


富士山のような形のアーモンドパウダーのクッキーだが、米粉が入っているかのようにサクサク、ホロホロ。
頂上部に見える茶色い点々はシナモン。甘くなくて、好み。

飲物は全てお持ち帰り用のカップに入ってくる。実際、テイクアウェイで飲物だけを注文する人がひっきりなしに訪れる。

また食べに来たい。
お持ち帰りでも。

アメリカンコーヒーの訳

  • 2020.09.17 Thursday
  • 00:10
基本的にはイギリスの物が大好きなのだけど、どうしてもアメリカの方がいいものが二つある。コーヒーとバーボンだ。  これかジム・ビーム。スコッチならこれ  かボウモア。

コーヒーはいつも「ウィーク(薄い)アメリカン、ミルクなし」と注文する。
チェーン系のコーヒーショップでは「エスプレッソ半分で」と言うこともある。

だから、日本に行った時に泊まったホテルの食堂にあったコーヒーマシーンを見てニヤリとしてしまった。

アメリカンコーヒーとは薄いコーヒー。正しい!

本「オールカラー完全版 世界遺産第1巻ヨーロッパ1」

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 04:12
ギリシャ、ローマ文明を中心に東ヨーロッパ、ロシアや地中海にある世界遺産が美しい写真と簡潔な文章で紹介されている本  文化遺産、自然遺産、複合遺産が網羅されているが、地域の性格からか、やはり文化遺産、特に建築物(教会)が多い。

イタリアやギリシャ、東欧の人気の旅行先なので新聞やテレビ、雑誌の広告やSNSで見かけることの多い場所は、たとえ行ったことがなくても、既に(視覚)情報は夢に出て来そうなほど持っているのだが、マルタの巨石神殿群、ルーマニアのモルドヴァ地方やロシアのキジ島の教会のような比較的静かで、エキゾチックな場所に興味をひかれた。特にバイカル湖、カムチャツカの火山群などのロシアの自然遺産は新鮮だった。

文庫本なので、ベッドで寝転びながら読むのにぴったり。
リラックス、入眠、入浴のお供にも使える。
文字は少ないが、情報量は多いので、一般常識不足を補うテキストにもなる。

なんて、とってつけたようだけど。

休養は大切

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 04:29
ロックダウンが開始した頃は、日本で肥った分がやっと完全に落ちて、これからぎゅっと6パックに向かって絞りかけた時だったので、家にいる時期に絶対にリバウンドなんかするものか、と思っていた。

だからネットや本 と一緒に  またはZoomなどのオンラインクラスを毎日やっていた。
とはいっても、もともとそんなにがっつり運動なんてするタイプではないし、何よりお年頃なので、あちこちにガタがきた。

しかし、リバウンドへの反発の方が強く、休むことに恐怖があった。
今までの経験上、一度気を抜いたら、あっという間だし、ロックダウンがどのくらい続くのかわからなかったから(かなり緩くなってはいるが、今も一応、ロックダウン中だと思う)、どこまでも肥っていきそうだし、そうなったら後で戻すのは大変だ。

そうやって頑張っていたのに、6月に入り、仕事の繁忙期が終わって気が緩んだら身体も緩んだ。
数字では1キロ程度のことだけど、十の位の数字が変わるのでものすごく重くなった感が強い。

ジムが再オープンして最初の2週間は嬉しくて平日は毎日泳ぎに行ったが、またこれにも心身ともに反動が来て10日間、ジムにもいかず、食事も厳しく節制せずに、食べたければおやつもご飯も食べた。
こういうムラは良くないとはわかっているのだけど、偏食家なので止まらない。

でも結局、その10日間の休養中に再び体重計に「9」が現れるようになったのだから、結果オーライ。

休養は大切!

週に5回はやりすぎ、10日の休養も健康なら休みすぎだし、ジムの会費もちょっと割高になって、もったいない。
どこかで折り合いをつけたいのだけど、基本、運動嫌いの面倒くさがりなので、どの辺に落としどころがあるのかが自分でもよくわからない。

本・サルベージ・パーティから生まれた「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ

  • 2020.09.14 Monday
  • 05:08
長いタイトルの本  これはリアル本。

「サルベージ」とは「救助、救済」という意味だが「廃物利用、回収」という意味もある。余りがちな食材を使い切るための例を見せてくれている。

電子書籍ならコチラ↓↓ サルベージ・パーティから生まれた「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ税込1,540(2020/09/08時点)

4つのアイディアというのは何か変えて食べやすくする方法。
残りがちな材料とは、料理しにくい材料ともいえる。確かに、棚にずっと居座っているスパイスとか、どうやって使ったらいいかよくわかっていないとか、食べながら「あ、これに入れればよかったのか!」と思い出すことがある。

使い慣れてないだけではなく、味が濃いとか、ニオイが気になるとか、様々な理由により、手を付けにくい材料というのは、いろいろとある。
食べられないわけではないが、野菜の青くさい匂いが苦手なので、例えばピーマンなどは残りがち。子供か!と自分で突っ込んでおこう。

他にも料理の4つのポイントがあり、先述のアイディアと一緒に紙に書いて台所に貼っておけば、それだけで無駄にする食材は8割がた減るような気がする。
そして1割は、残りそうな食材は最初から買わないようにする。
最後の1割は、不可抗力。これを認めるの、大事!

アレンジ料理

  • 2020.09.13 Sunday
  • 03:54
茹でた麺にかけるだけで一品になるソースを買ってみた。ダイショーの和風ごまみそ麺


大豆そぼろ入りのソースで、パッケージにはキュウリやミョウガ、ネギが添えた写真が載っている。

9分でゆであがる、このうどん  を茹でている間に、フライパンに薄く油をひいて玉ねぎ、エリンギ(またはマッシュルーム)、人参を炒める。火が通ったらレトルトの封を切り、混ぜあわせる。

ちなみに具を増量するので200gのうどんは3人分になる。晩ご飯二人分と、翌日の私の朝または昼ご飯。

写真のきゅうりのように千切りにして乗せようと、トマトを切り始めたがくずれてしまったので、フライパンに混ぜ入れる。

水で締めたうどんにソースをかけて、色味のためにバジルと大根おろしを載せ、黒ゴマを振る。



「Serving suggestion(盛り付け例)」とは全く違う料理になってるけど、美味しいから、いいか。

ウェットフードの写真

  • 2020.09.12 Saturday
  • 04:40
猫のごはん、とくにウェットフードはずいぶん迷った。今でもいろいろと買っている。
「ウェットフード」とひとくくりにいうが、どの程度加工されているかによって、与えたくないものもある。
ガチガチの自然派や有機志向ではないものの、できれば工場製品は避けたいとは思う。

そのような消費者心理を知ってか知らずか、イギリスのスーパーや路面専門店で買えるキャットフードの多くはウェットフードの形状をパッケージに記している。

我が家でよく買うブランドの一つ、アプラウズ  は素材を生かすタイプ。

イギリスで一番人気(?)のフェリックス  や、日本で人気のある(?)シーバ  はしっかり加工タイプ。これは殿は好きだが、ニンゲンがあまり好きではないので買わないようにしているが、James Wellbelovedのウェットフードは加工されているが、ニンゲンの何かに刺さるので時々買う。2分の1ぐらいの確率で手を付けない。同様にプロプランのウェットフード  も殿がお好みではないので買わなくなった。

しっかり加工してあってもピュリナゴールドのパテ  は基本、絶対に残さないので常に在庫はしておく。

ウェットフードは一種類に決めず、いろいろなものを試すようにしていたが、結局、いつも似たようなものに落ち着いてしまうのは、きっと猫にいいように操られているからなんだろうと思う。別にいいけど。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

アマゾンJapan

Amazon UK

Honto

海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM