新年
0
    旧暦の新年が始まった。

    レゴ、楽しそう〜! 

    節分が二月だからてっきり来月だと思っていたら、不意を突かれた。
    何が困るって、こういう時に限って中華が食べたくなるのだ。

    多文化社会に住んでいると、自分の属している以外の文化風習宗教習慣が生活に密着していることを感じられて面白い。
    まさに、生きている地理!

    私の住んでいる地域のエスニックマイノリティはユダヤ系が多い。普段行くイギリス系のスーパーにコーシャ(ユダヤ教の戒律にのっとった食品)のコーナーが広く取られており、彼らの行事に合わせて、それぞれ食べるものが並べられる。

    ユダヤ教の新年(秋)近くになると特別コーナーが設けられる。そこに並ぶのがこの「ハニーケーキ」。


    ただ、彼らの必要な時期を過ぎるとどこも悪くないのに、あっさり見切り品となる。行事に欠かせないものって、だいたいそうだよね。バレンタインのチョコ  とか。

    ユダヤ人は食べなくても、我々はいただく。アーモンドが載っているハニーケーキは我が家の人気エスニックフードの一つ。

    日本も多文化社会になったら恵方巻  (これすごいよ、写真だけでもクリックして見て!築地の豪華版!)の廃棄も減るんじゃないだろうか。
    カテゴリ:日記 | 01:47 | comments(0) | - | - |
    計測の大切さ
    0
      目玉焼きのかたさ(やわらかさ)は好き好きがあると思うが、私は黄身の中心部がほんのちょっとトロっとしているくらいレアから黄身の中央がしっとりしている程度までが好き。

      なのだが、この微妙な火加減はなかなかできない。毎日やっていなければ当然、出くわす可能性は少なくなる。

      それが実家に帰ったらほぼほぼ、というか目玉焼きが出る朝は十中八九この焼き加減なのだ。  ブラボー!

      タイマーをかけているわけではないのに、どうしてコンスタントに同じ焼き加減ができるというのは、きっとキャリアの長い母の慣れというか体内時計というか勘みたいなものがあるのだろうと聞いてみたところ、朝ごはんを作るルーティンがあった。その中に「目玉焼きを作る」と「パンを焼く」というのが組み込まれており、そのオーブントースターのジン!という音が卵の火を止める目安だったのだ。

      なるほど。
      卵を割ってフライパンにふたをしてからパンを焼き始めたら、毎回ほとんど同じ状態の目玉焼きができるという訳だ。

      やっぱり料理において計測は大切なんだなぁ…と思った。
      いくら数字が苦手でもきちんと計測しさえすれば、もっとまともな料理ができるのかもしれないなぁ(でもきっと数回ぐらいしかきちんと計測しないと思われる)。
      カテゴリ:日記 | 07:09 | comments(0) | - | - |
      終了!
      0
        以前、SNSにこの写真を載せて コンパクトタイプの化粧品をどのくらい使ったら「終わった」と言えるのかと質問したことがある。



        その時は多くのみなさんから「まだまだ」というお声をいただいたので、それからも頑張って使ってみた。

        もうこれなら終わったといっていいと思うのだけど。 みなさん、いかが?
        カテゴリ:日記 | 02:58 | comments(0) | - | - |
        念願の…
        0
          ファンとは、推しのCMの商品はできるだけ買って応援したいと思う。
          森永製菓は個人的にはちょっと微妙ではあるのだが、それでも

          ハイチュー



          おっとっと

          は友達も協力してくれるので、比較的潤沢に「純正品」を楽しませてもらっている。

          が、どうしても日本に行かないと味わえないのがアイスクリーム。

          前回の里帰りの時はまだ7人でCMをしていたこともあり、チョコモナカジャンボだったので、今回はバニラモナカジャンボにした。
           冬季限定だし、5人で頑張っているCMも見たし。

          CMでは「バニラうますぎる!」と言ってるので味わってみたけど、そういえば前の味を知らないのでバニラの何がどう改良されたのかわからず…うまいけど。

          冬のアイスって久しぶりに食べたけど、たまにはいいよね。
          カテゴリ:日記 | 03:09 | comments(0) | - | - |
          「月曜から夜ふかし」の影響
          0
            私の好きな村上信五くんがマツコ・デラックスと出ているバラエティー番組「月曜から夜ふかし」は様々な理由で日本の実家ではなかなかライブで見にくい。なので普段と同じように火曜日の昼間に見る。

            それはいいとして。

            日本にいったらやりたいこと(食べたいもの)リストはその番組の影響を強く受けている。

            例えばポテチのコンソメ味。
            人気のポテトチップスの味ランキング(の一位)を当てる時に、歯並びの悪い村上信五くんが海苔やゴマは(歯の間に)挟まって嫌がる人がいるはずだから、コンソメだと思うと予想したのだ。

            そういえば10才ぐらいの時に西城秀樹がポテチにマヨネーズをつけると美味しいというのをテレビで見て、母の監修の下、たぶん父のゴルフの景品と思われる箱入りのポテチをマヨネーズを付けてたらふく食べて気持ち悪くなってからポテトチップスなんてイギリスに来るまで食べたことがなかったことを思い出した。今でも食べ時がよくわからないから食べる機会は少ないけど。

            そういえば、日本のポテトチップスってどんな味があるのだろう?イギリスとはずいぶん違う品揃えだ。お国柄ってあるんだろうなぁ。

            ということで、イギリスでは見たことがない「コンソメパンチ」味を食べてみた。


            もう一つは「鳥貴族のキャベツ」
            これは「外国人の個人的ニュースを聞いてみた」というコーナーでインタビューされた日本料理を食べるために日本語を勉強して日本に来たというイギリス人の若い男性が「日本で食べて一番おいしかったもの」と言っていたから。

            「鳥貴族」といえば、村上信五くんが所属しているグループ「関ジャニ∞」のメンバーのお父さんの経営する会社なので、もっと突っ込まれるかと思ったが(スタジオでは何かしらのリアクションがあったのかもしれないが)さらりと流されてしまった。

            実はそのインタビューを受けた若い男性、ちょっとした知り合いで、彼がインタビューされている様子を友人が撮影したものを放送がオンエアされるずいぶん前に見ていたのだ。

            という訳で、ロンドンに帰ってきたら、話ができるように鳥貴族のキャベツを食べておいた。
            でもね、うーん、一番…か??
            カテゴリ:日記 | 05:52 | comments(0) | - | - |
            カレンダー
            0
              カレンダーは年末に日本にいる時にのみ研究する。

              2年前の里帰りの時に発見した3か月カレンダー。 

              メインのカレンダーは3か月分だが、一度に最大6か月分が見られる。
              毎月のカレンダー部分が独立しているので、先の2か月を見るもよし、
              月初めなどは前の月の日付や曜日を確認したい時もあるので先月今月来月の
              3か月が便利だ。

              これに味を占めて今回も買ってきた。実店舗では一件目にはなくて、ちょっと探したのだが、なんと、アマゾンで売ってるではないか。

              それではもし来年のお正月に実店舗で買うのが間に合わなかったら、この方法で入手することにしようと思う。
              カテゴリ:日記 | 03:59 | comments(0) | - | - |
              何十年ぶり
              0
                去年のお盆(仙台なので、七夕祭りというべきか)にあった高校の学年の同窓会に行けなかった悔しさもあり、一時帰国に仙台に行くことにした。
                会えたのはスイミングクラブの仲間であり、中でも同じ高校で水泳部だった3人。12月の平日だというのに、本当によく集まってくれた。

                同じ学年のメンバーとは最後に会ったのは誰や彼やの結婚式だよね、といいつつ、中で一人、一学年下だった彼女とは「えっと…私らの高校卒業ぶり?」
                それでもお店に入った瞬間にわかって当時にタイムスリップ。薬指の指輪とテーブルの飲み物がアルコールなのが変わったところか。

                銀杏  が食べたいが、殻つきだというので「じゃあ、いいや」と言ったらその何十年ぶりの後輩が「じゃあ私が剥いてあげる」とせっせと剥き始めた。ちょっと体育会っぽくて一瞬困ったが、隣に座っていた同級生も「なんだ、剥けないのか?」と二人してむいてくれたので、素直に受け取った。ありがとう!!最高に美味しい銀杏だったよ。

                一通り、当時の仲間の消息を聞き合ったあと(結婚してたり離婚してたり)、特に仲の良かった仲間で今は結婚して関東地方に住んでいるメンバーに電話でご挨拶。
                声だけ聞いていると、全く変わっていないのだけど、写真を見せてもらうと「これ、誰?ww」

                学校の部活より年齢層が幅広く、兄弟ぐるみでお互いを熟知していることや、一緒に過ごすのは放課後の2時間プラスせいぜい練習後の30分なのだが、合宿や遠征など泊まりの機会が多かったので、学校の友人たちとは違った濃さの親密さがある。特に年上組は年下組の面倒をみたり、お手本になったり。
                これが学校の部活しか知らない人にはわからない点だと思う。

                ついつい試合前の待ち時間のノリで(=周りを気にせず、自分たちの世界の没頭していること)深く狭い思い出話に花を咲かせていたら、奥のテーブルにいた一人が帰り際に声をかけてきた。
                アイルランド人だという彼もスイマーで、今は仙台のマスターズで泳いでいるのだそう。残念ながらこんなところで飲んでいるのは「元」選手ばかりですよ、と話していた時に、後輩が驚くべき事に気がついた。
                当時、いちばん勉強ができなかったメンバーがそのアイルランド人との会話を苦も無く理解しているではないか。聞けば、仕事の関係で過去10年ぐらい毎夏6週間ほどアメリカに行っているのだそうだ。
                「それくらい行けば、俺でもなんとかなるってことさ」と本人は自嘲気味に笑ったが、私は知っている。確かに勉強はできなかったが、昔から頭の回転が速いヤツだったのだ。

                初めて同窓会っぽい集まりに参加できて、とても楽しいひとときを過ごすことができた。
                これもひとえに最初に連絡したメンバーが気を利かせて素早く当時の仲間に連絡を取ってくれたおかげである。
                本人はずっと昔から「自分からは(年賀状などの)連絡はしない」と公言していたが、SNSが普及した今となってはほぼ全員に連絡がつくハブ(HUB=基地)状態になっていて、多くを語らずともさっさと連絡してくれる人になったのだ。

                何十年も経って、みんな基本的な性格は変わらないのだけど、年齢を重ねたからこそそれぞれの良さに磨きがかかっていた。
                そういう仲間と一緒に多感な時期を過ごし、後にこんなに楽しいひとときを過ごすことができるなんて、なんて私の人生、ラッキーなんだろう。神様ありがとう!

                と、翌日、買った覚えのないコンビニの買い物袋を前にして首を横に振りながら感謝したのだった。
                次は今回会えなかった人たちとも会えるといいなと思いつつ。
                カテゴリ:日記 | 01:30 | comments(0) | - | - |
                早々に・・・
                0
                  今年はブログを毎日アップしようと思っていたし、書こうと思っていることはたくさんあるんだけど、日常が戻ったら早速頓挫(苦笑)

                  しかし、三日坊主ではなく、9日続いたし、
                  むしろサボりが三日だけだから「さぼり三日坊主」でいいんじゃない?


                  余力が出たらさかのぼって「埋め」ようと思うので、
                  PCでご覧になっている方は右上のカレンダーをチェックしてください。

                  ということで、今年もよろしくお願いいたします。
                  カテゴリ:日記 | 06:55 | comments(0) | - | - |
                  お土産
                  0
                    日本ならではの心遣いという訳ではないのだけど、それでも日本ではイギリスよりもよほどよくいただくのが旅先からのお土産。

                    それも個包装されており、行った先の地名が入っていたり、ご当地ならではの特別版であればもっといい。

                    以前、住んでいたり、つい最近訪ねたりした土地のものでもいい。
                    なぜなら、お土産はたくさんの種類があり、食べたことどころか見たこともないもの、または買おうか迷ったけど結局やめたものなどをいただくこともある。



                    という訳で、私の10日ほど後に仙台に行った友達からのお土産。

                    ずんだシェイク味のキットカットは買おうか迷ってやめたもの。
                    パイはどこにあったんだろう?

                    どちらも美味しくいただきました。
                    カテゴリ:日記 | 01:25 | comments(0) | - | - |
                    いつになることやら
                    0
                      幸いなことに去年、一昨年と年に一度里帰りができている。

                      おかげで、日本の新製品や自分の中での定番品の在庫が潤沢。

                      塗るつけまつげ  はイギリスでも買えるのだけど、日本の新パッケージを素通りはできない。

                      断捨離中だし、何より予算との兼ね合いもあるので、欲しいもの、ましてや目に付いたものを全て購入することはできない。飛行機で運べる荷物に制限もあることだし。できれば、定期的に一時帰国したい。


                      そう思っている海外在住者にとって今年の東京オリンピックは正直、困る。

                      夏場の航空券や国内の移動・宿泊代などが跳ね上がり、毎年恒例の夏休みに家族で里帰りができなくなるとこぼす声を去年から聞いている。そういうご家族が、夏がだめならイースターの春休み、または冬休み、と学校の休みの時期にずらす。家族に学生のいないお一人様やお二人様は比較的自由に移動できるが、それでも仕事との兼ね合いがあり、行ける時期は限られる。

                      次はいつ、日本の家族とご飯を一緒に食べられるのかなぁ?
                      カテゴリ:日記 | 03:09 | comments(0) | - | - |
                      | 1/90PAGES | >>