肥るモト

  • 2020.07.02 Thursday
  • 01:53
イギリスもロックダウンが段階的に解除されてきてはいるが、まだ基本的には在宅勤務だし必要以上の外出は控えるように言われている。
7月から美容院が解禁になるが、屋内のジムやプールは引き続き使用禁止である。

それなのにただいま絶賛リバウンド中。体重を落とすのは何カ月もかかるのに、戻るときはあっという間だ。理由はだいたいわかっている。仕事の繁忙期が終わり、気が緩んだのと、食事の時間がゆっくりとれるようになったのと、暇になったので食べ物のことを考える時間が増えたからだ。

気の緩みや食べ物のことを考えるのはどうしようもない(根性の全くない私でもどうにかできる方法があれば教えてほしい)し、食事の時間がゆっくりとれるのは、人として良い事だと思う。

ならばせめて食べる物をナントカしようと思い、自分は何を食べると肥るのかを観察してみた。

結果…(炭水化物が多い)ランチ、カレー、ファストフードの3つが赤信号だった。

がーん。ターリと呼ばれる銀のお盆に乗ったカレー  が大好きなのに…

むしろ甘いものでした、とわかった方が良かった気がする。
好きなもので肥るとは。

最近、我が家のパントリーに増えた、日本のカレー  も控えるようにしよう。

お昼は豆と卵とサラダかフルーツとヨーグルト。タンパク質は満腹感があるし、お年頃なので欠かせない。変な時間にお腹が空いた時のおやつはゆで卵か味玉子。

唯一の救いは、日本人の平均よりもはるかに麺類に執着してない事かな。

この身体と相談して、一生付き合っていこう。

とん?つ

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 05:35
ある日突然、とんかつをつくろうと思い立った。
理由なんてない、思いついただけだから。

スーパーの中に買い出しに行く人に豚肉のロース、またはより脂肪分の少ないメダリオンを少なくとも4枚買ってくるように頼む。

「なんにするの?」
「とんかつ」

お互いに顔がほころぶ。
うんうん、とんかつ、美味しいよね。


手間がかかるし、油を吸うし、台所や手が汚れるので、なるべく避けたい仕事を頑張って終えた。



6枚買ってきてくれたから、3回分。

一日目はとんかつとして揚げたてをいただく。
二日目は翌日にカツ丼。

後の2枚は冷凍しておいて、いつか思い出した時に食べる
という予定だ。

しかし二日目、私は遅くまで仕事があったので、そういう時はご飯を炊いていてくれるはずなのに、仕事を終えて台所に行ったら、炊飯器の蓋が開いていた。何も入っていない。
がーん!

「ご飯、炊いておいてくれてなかったの?」
「えー、麺じゃないの?」
「なんで麺なの?」
「トンコツ」
「いや、とんかつ。そしてそれは昨日食べた。今日はカツ丼といってだし醤油で軽く煮たとんかつを卵でとじたのをご飯の上にのせる丼。日本の刑事ドラマででてくる丼よー」
「あ!」

まぁ、仕方がない。イギリスでは豚骨ラーメンが主流だから。でも私はラーメンが、中でも特に脂っこい豚骨ラーメンが苦手なので、「早炊き」でご飯を準備して、めでたし。

アイルランドのチョコパイ

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 04:38
ロックダウン中に発見したことがある。
甘いもの、おやつの効用である。

どうせ糖分をとるのなら、固形よりも液体で、と思っているのだが、
さすがに昼間から飲むわけにはいかないだけでなく、
おやつはちょっとした息抜きにもなるし、腹の虫を押さえるのにも効く。

お天気で、気温が20度を超えて、PCの前にシャツ1枚で座っていても暖房がほしいと思わない「夏」なら、果物をおやつ代わりに食べるのもいいのだけれど、

曇りだったり、強風だったりして、肌寒い日は、
やはりお茶とお菓子がいい気分転換になる。

なので、お菓子を自宅から断捨離しようという野望は捨てて
適量を守れば、お菓子は食べてもいいので、家に最低限の在庫を持つことを
良しとすることにした。

実は在庫処分だけでもかなり時間がかかったのだが、その「在庫」のうちの一つがこれ。

スーパーの「ワールド・フード」のコーナーにあったアイルランドのお菓子。

見た目はチョコパイのようだが、日本や韓国のものよりもかなり小ぶりで、マシュマロを挟んでいるのはジンジャークッキー。そう、似て非なるもの。

食べ慣れたロッテのフワフワもいいけれど、大きさ的にはこれで十分。
噛みごたえがあると、少しで満足するし。

早く食べたい

  • 2020.05.24 Sunday
  • 04:03
3月23日にロックダウンが始まって丸2か月。

もともとインドア派な上、おかげさまで、この状態でも仕事が繁忙期を迎え、毎日忙しくして、やりたいことなんか何一つできないでいるうちに終わりそうだ。もっと上手にオンオフを分けて人生の楽しみも味わいたいと思っているのだが、ヨーロッパ人への道はなかなか難しい。

基本的に家の中で過ごすことが好きなので、一歩も外に出られなくても、苦にならない。
買物どころか、ゴミ捨てさえも面倒くさい。

だけど唯一、外に出たい理由が外食。
贅沢はしなくていい。
ただ、イングリッシュブレックファーストが食べたいだけ。



これは行きつけの、おしゃれじゃない方の「カフェ」のセット3メニュー。

似たようなものは自分で作って食べている。
目玉焼きにベイクドビーンズ、マッシュルームソテーにベーコンまたはソーセージ。
それにトーストとコーヒー(または紅茶)。

もちろん自分で作れば、ビーンズはハインツの砂糖無添加  を使ったり、卵も片面焼きで半熟、量も多すぎず、少なすぎずと、「完璧」に自分好みの朝食が作れるのだが、それでもあのカフェの朝食が食べたい。

最後に食べたのはロックダウン直前の週末。
あー、早く食べたい。

スコーンパン

  • 2020.05.18 Monday
  • 08:15
5月2日に書いた「ブリオッシュ」を作ったはずなのにスコーンができた話

には続きがある。

「ブリオッシュのレシピを使ってできたスコーンもどき」を食べたネコ博士が
スコーン・ミックスを買ってきた。

それを使ってできたのがこれ。



スコーン・ミックスなのに、コッペパンのような形、大きさで
真ん中にホットドッグ用のソーセージが埋め込まれており
上にはチーズがのっている。

ケチャップもついているし、この写真ではあまり良く見えないが、
ピーラーでむいたニンジン入りのアボカドサルサが添えられている。

創作意欲が刺激されたのだろう。
自由って、いい。
美味しいし。

ブリオッシュ

  • 2020.05.02 Saturday
  • 06:57
既に賞味期限の切れた強力粉があるのがずっと気になっていたので、
暇に任せてというよりはむしろ、現実逃避でパンを焼いた。

ブリオッシュ

実はあまり私は好きではないのだが、ネコ博士が好きなので、いつも行くスーパー、Waitroseの無料新聞に載っていたレシピを参考にして作ってみた。

そう、あくまでも「参考」であって、レシピを「使って」ではない。
強力粉が指定の分量の半分ぐらいしかなかったのだ。

が、これまた中途半端に残っていたふつうの小麦粉があったので、それも混ぜておいた。
更にバターと砂糖を使うのだが、クリスマスで開けたきりずっと冷蔵庫にあったブランデークリームで代用。バターの入ってないブリオッシュはブリオッシュではないかもしれない。

しかし、食べられなさそう、という訳ではない。



どちらかというとブリオッシュというよりスコーンのようだが、甘くはない。



最近はバーガーにブリオッシュを使う店やレシピが流行っているのか、食事時にあの妙な甘さが気になる私は正直、ブリオッシュは手放しで好きとは言えないのだが、自分で作ったこの一期一会ブリオッシュは甘さ控えめで悪くない。

しかし、ブランデークリームは冬しか出回らないし、粉の計量がいい加減なので、二度と同じ味は作れない。

むしろそれが楽しみでもある、と言ったら、全てをきっちり計量する人はびっくりするんだろうなぁ。

やってみたい?At your own riskでどうぞ。

シュークリーム・エクレア専門店 Maitre Choux

  • 2020.04.27 Monday
  • 02:44
イギリスでは誕生日の人が職場にケーキを持って行くのがお約束。4月はネコ博士の誕生日があるので、毎年、前日に20人分以上のケーキを車で買いに行っていたのだが、今年はこんな事情なので出番なし。出番がないということは、おこぼれにもあずかれない。なんせケーキ自体を買っていないのだから。

だから買い出しの時にショッピングリストを渡しながら、口頭で「ケーキ買っておいでよ」と言ったのに…ワクワクしながら荷解きしたのに、何も出てこなかった。

ということで、カメラロールを遡って大好きなケーキの写真を引っぱりだしてきた。


このお店を知ったのは、BBCの元「トップギア」のメンバーの番組  でジェレミー・クラークソンが駐車をした背景に映っていたのだ。「グランドツアー」で探したけどそれらしいエピソードが見つからなかったので、もしかしたらBBC時代だったのかも?


V&A美術館の近くにある、シュークリーム・エクレア専門店Maitre Choux
インスタアカウント

店内には申し訳程度のイートインスペースがあり、いつもそこで食べているのだが、この時は所用で近くまで行ったネコ博士がお土産に買ってきてくれたのだ。初めて箱を開けるドキドキ・わくわくを味わう。早くも美味しい。 

 シュークリームが二つ(手前の緑は抹茶ではなくピスタチオ)とエクレア。それも私が愛してやまない「パリ・ブレスト」ではありませんか!
最初にこのお店に行った時に「イギリスでパリ・ブレストが食べられる日が来るなんて!」と喜んだことをおぼえていてくれたようだ。輪をかけて嬉しい。

このお店は野菜やスモークサーモンなどを載せたおかずエクレアもあるので、いつかそれを食べてみたいものだ。

ダメだし

  • 2020.04.10 Friday
  • 05:12
ロンドンのロックダウンが始まってすぐの頃。
パーソナルトレーナーから「ジムに来れない間はこのエクササイズをどうぞ」と動画付きのメッセージをもらったことを1日の「ぼちぼち運動」に書いた。

ぼちぼちと運動をしたら、ちょっと気分が良くなったので、頑張ってブランチを作ってみた。

全粒粉ベーグルに目玉焼き、自家製アボカドディップとサラダ。

とてもいいお天気だったので、写真もきれいに撮れたため、調子に乗ってパーソナルトレーナーに写真付きで送った。

彼女はカワイイ絵文字と一緒に「素晴らしい!」とひとしきりほめてくれた後、
「でも、もし本気でこの時期に太りたくないと思っているのなら、もう少し量を減らした方がいい。ベーグルは半分に」

ええー!!

でもわかった。これが「ヘルシーな食生活」をしている私が痩せない理由なのだと。質はいいけど、量。ふむふむ。

かに玉どん

  • 2020.04.02 Thursday
  • 05:28
日本から持って帰ってきた缶詰があったので、かに玉どんを作ってみた。



蟹は本物。まずカニ缶の汁でご飯を炊いてどんぶりによそう。

大きいままの身をよけて、崩れた身を入れてかに玉を作り、ご飯の上に載せる。
角切りにした赤、緑、黄色の大きなピーマンとニンジンを入れたあんをつくる。
切ったアボカドを載せた上にあんをかける。

ちょっとしょっぱかったので、次にまたいいカニ缶が手に入ったら再挑戦したい。っていつになることやら…

石巻いしかわ珈琲

  • 2020.03.27 Friday
  • 02:28
私が住んでいた時からあったS-pal(エスパル)という仙台駅ビルの地下にお土産を買いに行った時にふと目についた珈琲セット。

珈琲工房いしかわ(このサイトは写真が美しくていいのだけど、とても重いのでお急ぎの方はFacebookがおすすめ)さんのドリップコーヒー。

せっかく仙台まで来ていたのでセット入りを二つ購入。
一つはコーヒー好きな友達用、もう一つは予備という名前の自分用。

一通りお土産を配り終り、予備が残った!やったぁ!

最初にあけたのが「幸福」ブレンド。



常々コーヒーはあの香りほど美味しければいいのに、と思っているのだが、このブレンドはかなり香りと味が近い!

作った人はがっかりすると思うし、コーヒー好きな人には呆れられるけど、いわゆるカフェで提供されるアメリカンの半分の濃さの、超アメリカンで飲むので1つのドリップで他の人の何倍も楽しめる。ふふふ。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アマゾンJapan

Amazon UK

Honto

海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM