本「最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか」

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 00:51
弟からもらった本「最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか」。原題のタイトルは「Inviting Disaster」なので「災害を呼び込む」とでも訳そうか。

かなりしっかりとした単行本だし  内容が内容なので、なかなか手に取る勇気がなかったのだが、しばらく飛行機にも乗らず、スタジアムにも行けなさそうな今こそチャンス!と読み始めた。

この本を読んで何度も思いうかべたのが2011年の東日本大震災。続編、もしくは大胆な加筆修正版が発行されるとすれば間違いなく、福島第一原子力発電所は追加されるだろうし、もしかしたら津波に飲まれたときの生還しやすいコツなども調査されるかもしれない。


「お役所的な目標達成を第一とするあまり、大きくなりつつある問題があっても都合のいいように解釈してしまう体質におちいっていて、そのため事態を悪化させた。」P.99

「『疑ってない』とは、知る必要のあることはすべて知っていると確信し、なにごとも不調にはおちいらないと信じているような人間のことだ。疑いをもたないこと自体、なにも知らないことと同じぐらい危険である。」P.146

「われわれは異常事態に備えているふりをするだけのことが多い。その後に起こるできごとはみな単純、あるいは都合のよいものばかり、という前提に立っているのだ。」P.173

「災害対策は、組織からすれば費用がかかりすぎたり、めんどうだったり、生産性を阻害するという理由で、無視しようとする傾向があることを、われわれは見てきた。」P.201

「わたしがいいたいのは、マシンのせいでわれわれが立ち往生させられ、破滅寸前に追いこまれたときには、痛みには目をつぶって捨て身の手法を試みるべきだ、とういことである。数多くの生存実話から、スタミナと生きることへの執着心が大きく作用するということがわかる。」P.422


決してあきらめてはいけないのだ。
それは自分が設計・施工・運転者の立場であっても、乗客乗員の立場であっても。とはいえ、3.11以前は津波に飲まれたら、絶対に生還なんてできないと思っていたから、思っている以上に生命力強くないかもしれない。根性もないからなぁ…いやいや、根性がなければ、知識で補えばいいのさ。パラシュートがなくて高度60メートル以上の上空から落下して助かった人は何十人もいるし、水深50メートルの潜水艦用脱出カプセルから酸素タンク無しで海面にたどり着ける。

「命ある限りけっしてあきらめてはいけないのだ。」P.423

ジャニーズWorld Happy Live With You 2日目

  • 2020.06.25 Thursday
  • 01:00
その界隈では盛り上がったジャニーズの有料配信ライブの2日目(6月17日版)を見た!幸いなことにこれは海外のカードでも決済ができたので、とてもありがたかった。関係者各位、今後もその方向でお願いします。

日本時間の午後8時開始というのはここでは正午。万難を排してモニターの前で待つ。その日の演者は関ジャニ∞とKAT-TUNとSexy Zoneの3組で、それぞれ独立したショーを見せる。最初はKAT-TUN。いくつか曲は知っていたけど、こうやってしっかり聞くのは初めて。「We are KAT−TUN」という曲が面白かった。KAT-TUNとハイフン(=ファン)のあるあるを歌にしているのだが、「ペンライトがほぼ武器」「空港検査ひっかかる」という歌詞があったので、調べてみたら…男前な銃型のペンライトだ。あー、それは引っかかるよね。「トンチキ」と言われる関ジャニは赤ちゃんのガラガラやアイスクリーム型だったり、一番マシなのがインフィニティマーク∞という違う方向に振り切れているので、武器とは驚いた!KAT-TUN、カッコええ!骨折れるまでWash your handsするよ。いや、骨が折れるまではないな。

Sexy Zoneは一周回ってチクワじゃなくて、カワイイ。「君を守る」の連呼も幼稚園男児の「僕、大きくなったらママと結婚する」というのを彷彿させるし、「Mildも世界の裏側ではWildになる」という部分も「それは逆。日本のWildはヨーロッパのMildだよ」と突っ込みながらも「おー、そうか、がんばれ!」と思えた。セクゾのみんな、これからも頑張れ!

そして待ちに待った関ジャニ∞。一曲目はまだアルバムに入っていない「歓喜の歌」。途中でヤスが言った「選んでくれてありがとう」っていう一言が気になっているのだけど、舞台裏では視聴率のような大人の事情があるのだろうか。次はJam  に入っている「Do Na I」。楽しいダンサブルな曲だけど5人になったことに改めて気付かされる曲だった。丸ちゃんのビブラート、良かったよ!
他のグループもやっているグループ紹介のMCではジャニーズのオフィシャルYouTubeにアップした「スマイルアッププロジェクト」動画の話から。
そこで披露したうちの3曲のメドレーですという曲紹介の時に大倉くんが英語を噛む。本人も苦笑したが、間髪入れずに全員が突っ込んで一時停止。しかしその後「カッコよかったんだけど」「流れは良かった」とフォロー。これが関ジャニのいいところだと思う。メドレーの後半二曲は盛り上がる曲。笑いながら歌っていたし。「もっと!」っていう煽り、久しぶりに聞いたなぁ。「ヨコがガムシャラが踊れない呪い」は健在。そしてまたMCでいつもの「丸ちゃんワンパック」でわちゃわちゃ。あのコワモテのKAT-TUNでさえずっとソーシャルディスタンスを保っていたのに、関ジャニは…あーあ。
そして自粛中にファンであるエイターと作っている曲(未完成)「Re;Live」の一番だけをアコースティックギター一本で披露してくれて、またちょっとおしゃべり。ここでヨコがニヤニヤしっぱなしの丸ちゃんに「嬉しかったの?」と確認するところがほのぼのパンパンダ。最後の曲は初期のしっとりとした「大阪ロマネスク」。この舞台全部がそうだけど、特にこの曲は5人の歌手としてのポテンシャルが惜しみなく発揮されたと思う。客席一番前にいた彼らの化身(ぬいぐるみ)「Boy」が映ってしみじみ締めたのに、ツアーが途中だけど「スタッフ一同頑張っていただきたい…頑張っていきたい」と言い間違えて、関ジャニらしさ、彼らの魅力を余すところなく見せてくれた。噂では関ジャニはおしゃべりが長いと叱られたとか。そのエピソードさえも彼ららしくてたまらない。

5人のステージパフォーマンスを初めて見たのだけど、7人でいた時が思い出せなくなるほど板についていた。ファンクラブの限定動画で、いなくなった二人のことをさらっと話したりして、彼らは前に向かっていることがよくわかる。生配信からその後1週間ほどアーカイブで見ることができたので、毎日見返すという偏食っぷりを発揮した。7人の関ジャニ∞を好きになったけど、5人の関ジャニ∞も大好きだ。これからもこの努力家たちを応援するよ。一緒に歩いて行こう。ありがとさんさん。太陽さんさん。

本「まずは、書いてみる」

  • 2020.06.22 Monday
  • 01:34
この時期に手帳の本?と驚かれるかもしれないが、この時期だからこそ使い方を見直すいい機会。外出できない時期におすすめできたらよかったのだろうけど…

ずっと忙しかった私はいまからやっと巣篭り生活開始の気分。ロックダウンには飽き飽きしている人の方が多いのだろうけど、一人「さて、これからやりたかったことをやるぞ〜♪」と腕まくりしているところ。あれだな、罰として押し入れのような狭いところに閉じ込めたつもりだけど、そこを秘密基地にして楽しむタイプ。もしくは箱に入って寝ている猫。

手帳の本  ではあるが、ノートなどにメモするコツも書いてある。個人的にはそっちの方が多く記憶にある。今年に入って別冊ノートを使わないようにしてみたが、結局繁忙期の途中で情報量が増えすぎ、手帳だけでは処理しきれなくなり、再びノートを使い始めたところだし。

この本の手帳本としてのいいところは手帳のタイプ別になっているところ。一日1ページだったり、マンスリータイプの手帳や、見開き1週間で右側がメモになっているもの、同じく見開き一週間だけど横長(バーティカル)で時間軸が大きくとってあるもの、そしてガントチャートの使い方まで。今年は一日1ページの手帳とガントチャートを使っているが、初めてのガントチャートを持て余し気味だったので、参考になった。とはいえ、仕事の繁忙期がピークを終えた時点でガントチャートのてこ入れをしたので、有効利用している実感はある。もう少しマメに書いていけば、手帳のマンスリー部分と重複することなく、手帳時間が短縮できるのでは、と期待している。

そう、結局、タイトルにあるように「まずは、書いてみる」の一言に尽きるのだ。

ただ、著者は年の途中でも合わないと思ったらその手帳を止めて、他のタイプに乗り換える勇気が必要だと言っていたが、それには賛成しかねる。特にカバンを小さくしたから手帳も小さくするなんて、それは無理。今年のように外出が減ったら大きい手帳を買うのか、といえばきっとそうじゃなくて、ノートなどを併用して思いを書き留めるのが現実的だろう。同様にカバンを小さくしたならメモ帳を併用すればいいのではないだろうか。もし、外で約束をすることがあったら「今、手帳を持ってないので、仮にこの日時ということにさせてください。あとで確認してコンファームします」といえば、だいたい何とかなる。仕事でさえ。

それと100の顔パターンが描ける3つの要素は素晴らしい!どんなコメントにもピッタリくる表情がある。これに汗や涙やハートを足せば困ることはない…と思う。

本・「影裏」

  • 2020.06.14 Sunday
  • 01:36
「影裏」と書いて「えいり」と読む。沼田真佑著。 第123回文學会新人賞受賞作品であり、第157回芥川賞受賞作。今年の2月に映画版が綾野剛と松田龍平の初共演で公開され、8月5日にDVDとブルーレイが発売予定。


長い話ではないが、さらっと読んでしまうと理解できずに、前のページを探ることになる。
それでもまずは、さらっと読んでしまうことを勧める。その後、気になったこと、または見えなかった伏線を探しながら読むのがこの作品の面白さではないだろうか。

それでも、正直、映画版の134分は長すぎるような気がする。
釣りのシーンは撮影場所を決めたり、文字を映像にするために様々な準備が必要だからその分はもちろん、時間がかかっているのは容易に想像がつくが、それと上映時間は何の関係もない。長くなるのは、あれか、これか、あれも、これも、か。
もしかしたらまだ私が発見できていない、または重要視していない部分なのだろうか。

盛岡が舞台である。
仙台の友人が盛岡の学校や会社に行ったとか、親戚がいるとか聞いたことがあるが、個人的な思い出やつながりはほとんどない。所詮、私は「体が土地に、溶け込んでいない」「根本的な根の希薄さ」があるよそ者だったことが何十年も時を超えて突き付けられる。

休み時間の他愛のないおしゃべりの中で、十代特有の鋭さを持つ友人に地元民ではないと何度か指摘された。その時、「そんなことないよ」と否定したのだったか「わかるー?」と冗談めかして答えたのか覚えていないので、一貫した答えは自分の中にもなかったのだろう。根を下ろす土地を持つ人々への憧れと、縛られるもののない自由さは今でも私の中にある。

そういうことを思い出しながら読むので、小説の世界に入りこめずにページをめくってしまい、読み損ねる場面が出てくるのだろう。

もう一度、二次元の盛岡に行ってくることにしよう。

本・「定番おかずの「超」基本」

  • 2020.05.30 Saturday
  • 01:32
NHKの棒情報番組で取り上げられた、定番おかずが「もっとおいしくヘルシーになる!」という新しい基本を集めた本。

炒めず、「炊飯器で作る炒飯風ジャーハン」や「時間が経っても美味しいおかゆ」は作ってみたいと思っているし、「さわやか肉野菜炒め」やオーブンで焼く「とんかつ」は既に我が家の常識となった。ごぼうのあく抜きをしないのは昔からだけど。

しかし、今までに二回試した「蒸気マンゆで卵」はどうも上手くいかない。最初の失敗はフライパンのふたが蒸気を逃がしすぎていたため、温泉卵になった。次は書いてある通りに(珍しく計測して)やってみた。確かにいい感じのゆで卵にはなった。が、写真にあるように黄身が真ん中に来ない。鍋にたっぷりの水でつくる従来のやり方だったら最初にぐるぐる箸で混ぜていれば黄身はだいたい真ん中ぐらいに落ち着くのに。これはどうやったらいいのだろう。

そんなことを考えながらネットを見ていたら、冷蔵庫から出したばかりの卵を1センチぐらいの水に入れ、沸騰したら中火で4分、余熱で4分でも作れるという情報を発見した。4分、4分、覚えやすい。1センチぐらいあったら、もしかしたらグルグルしてもいいんじゃないか?と思ったので、次回、これを試してみる!


ちなみに料理ではないが、料理に関する小技もいろいろとあって「ブロッコリーはフライパンで蒸す」とか「いかはゆでてから切ると丸まらない」とか「冷ややっこはキンキンに冷やしておかなくてもいい」というのは、納得。

試したけど、がってんできなかったのは「蒸気マンゆで卵」だけ…

10分読書

  • 2020.05.25 Monday
  • 04:06
「10分読書」  という本を紹介する記事を読んだ。
https://diamond.jp/articles/-/237752
そうだ、毎晩30分読書の時間を持っていたはずなのに、疲れて寝落ちしたり、オンライン飲み会で遅くまで起きていたため、本を手に取らずに寝たりするうちに、いつの間にかその習慣が消えていた。

一日10分の読書は1年間で60時間近くの読書時間となる。
2時間で読める本なら年間30冊、
3時間で読める本なら20冊読み切る計算になる。

これなら我が家の「積読」もいいペースで読み切れるだろう。
ちなみにこれもネット記事で読んだのだが「積読」は10冊以下が大多数を占めていて、
家中の本棚の70%が積読という私のようなケースはかなり稀らしい。
断捨離の道は遠い。でも負けない!

というわけで、一日読書をしてみようと思うのだが、夜寝る前というのはやめようと思う。
それが上手く行かなかったからこその現状なのだから。

もう一つ、朝起きてから朝食までのルーティンはかなりきちんと守れていると思っているのだが朝食後、仕事を始めるまでの時間が長い。
洗濯機を回してから食事を始めるので、その間、さんざんスマホをいじっておきながら、
洗濯物を干した後にその続きをして、あっという間にお昼。

だめじゃん。

というわけで朝食後、仕事を始めるまでのどこかのタイミングで10分読書をしようと思う。

さあ、言ったぞ。
有言実行で頑張るのだ!
明日から…(だって今日は祝日という例外)

ドストエフスキー

  • 2020.05.15 Friday
  • 05:27
まだドストエフスキーを一冊まるごと読んだことはないのだけど、NHKでこの3月までやっていた「100分de名著」という番組で取り上げられた時  に非常に興味深く見た。

彼はてんかんだったそうで、てんかんと彼の作品について研究した論文ともいうべき記事が愛知県青い鳥医療センターのウェブサイトにあるという話がSNSで流れてきて、探して読んだ。

ウェブ記事だからと言ってナメていたわけではないが、これがドストエフスキーさながらの大長編。一気に読み切れないので、再読し始めの時や、内容が複雑で理解しかねて、など、何度も前に戻っては読み、進んでは戻って読み、の繰り返しだったのでかなり時間がかかった。が、わかったことはドストエフスキーはすばらしい作家だった、ということだった。

「ソ連の作家はページ数に応じてお金が支払われたから、長いんだ」と聞いたことがあるが、それも一理あるのかもしれないが、言語的な理由もあると思う。ロシア(スラブ)系の人の話は長い。なぜかというと単語を一つだけポツンと置かないのだ。まるで形容詞や修飾節のような保護がない単語は、文章という社会の中で十分に力を発揮できない小さい子供と同じように思っているかのようだ。
と、ロシアの文豪風に書いてみたけど、意味が通じるだろうか?そのように、長くなる。
もしソビエト政府が「端的に表現する」ことをすすめたのなら、ロシアの文豪はこぞってツイッター的な短文から発し、ロシア短歌やロシア俳句のようなものを作り、発展させることにその才能を費やしたのではないだろうか。

仕事の今の超繁忙期が終わったら、ドストエフスキー  か、トルストイ  を紐解いてみたいと思う。

本「ブラックホールと時空の方程式」

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 05:35
新型コロナウイルスによる学校閉鎖に伴い、この本  の副題「15歳からの一般相対性理論」にあたる中学・高校生に向けてネットで公開されている部分をもう3回は15歳をやっている数字に弱い大人が読んでみた。

ブラックホールが何かは知っているつもりだが、15歳に説明できるほどは知らない。相対性理論というとバンド の方が数式よりも先に出てくる。
方程式に至っては、最後に解いたのはいつだろう?という世界。

なので、理解するのにものすごく時間がかかった。

しかし、一通り(たぶん前書きの部分)読んでみたら、なんだかよくわからないなりに、ちょっとわかった。っていうか数式をそんなに乱暴に扱っていいのか!

乱暴に扱っているように見えて、私のような数字音痴がする破壊的な省略ではなく、数学や物理学をよく知っている人は建設的に省いていく。だから答えがでるんだよね。

ロックダウンのうちに仕事が暇になったら、ぜひ読んでみたい一冊。
数字に強い人はロックダウンではなくても楽しく読めると思う。

読んだ本の記録

  • 2020.03.14 Saturday
  • 04:07
今日は読んだ本について書こうと思っていたのだけど、最近、忙しくてきちんとした本をまるっと一冊読んでいないことに気がついた。マンガ雑誌ばかり読んでるデメリットである。メリットは単行本だったら読まないような作品も、食わず嫌いはしない偏食家なので(ついうっかり?!)読むことだろうか。なので、映像化されたときに「それ、知ってる」とか「読んだことある」と言えることぐらいだろうか。

読んだ本は一応できるだけ記録している。
しかし、読んでいる時に取ったメモが意外と膨大な量になってしまった作品などはそのメモのまとめが面倒くさい。面倒くさがった結果、何年も先送りにしているものが何冊かあるので全然部屋が片付かない。

そりゃあ、全て覚えておければこんな面倒なことはしなくてもいいんだろうけど。

手帳術だかノートの取り方のサイトで「あなたは授業後にノートをまとめることを厭いませんか?」という質問があったのを見て、衝撃が走った。
嫌だよ、そんなの嫌に決まってるじゃん。ってか、取りっぱなしでいいのか!とスッキリしたのが今年に入ってから。

それを機に、今までつけていた「読書ノート」を書き換えることにした。
 ムーミンの読書ノート。講談社文庫から。

今までは「読んだ本の記録」としてその年に読んだ本をワードで表にした上で、著者別に別なワードドキュメントにメモや感想を書いていたのだが、

これからはエクセルに記録。最後のセルに感想を書くことにする。中には読書会の課題図書だったり、ものすごく心に刺さったりと様々な理由で感想がひと言では収まり切れない本もあるだろう。そういうものだけは独立した別のドキュメントに記録しておけばいいのだ。それだけでもかなり手間が省けるはず。

そうだ、そうしよう。


みなさんは、どうやって読んだ本の記録を管理しているんですか?

こういうの  マークスEdit読書ノート
はいいよね。良くも悪くも手書きだけど。二次元で管理できると検索しやすくていいんだけどなぁ。何かあったら教えてください。

「二歳」渋谷すばる

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 03:06
ずっと書きたかった!
元・関ジャニ∞の渋谷(しぶたに)すばるのファースト・ソロ・アルバム。 

一曲目の「ぼくのうた」はソロシンガー、渋谷すばるの名刺がわりに作ったのだろう。彼が何をしたかったのかというのがよくわかるし、耳にひっかかり、記憶に残る。ついつい口ずさんでしまう曲。

私が好きなのは4曲目の「来ないで」てっきりうっとうしい恋人に向かって歌っているのかと思ってたけど、違った。そういえば、東南アジアを旅していたんだよね。

その後、ロンドンにも来たという情報があった。Tottenham Court Roadの近くにいくつか軒を連ねる楽器屋に立ち寄ったらしい。あの辺りはずいぶん前に音楽好きな友人の「楽器屋を見たい」というリクエストにお応えして連れて行ったことがある。今は再開発してかなりすっきりしてしまっているのだが、楽器屋はがんばっているんだなということがわかって嬉しい。その後は、察するに…Sohoか?

旅と言えば、Nomad Recordsというレーベルを立ち上げたのが去年の秋に関ジャニ∞を脱退した錦戸亮(にしきどりょう)。彼のアルバムがこれ 

彼の声と似てちょっと掠れ気味の、押さえた音で、ガッガッと刻むようなギターのが印象に残った。こういうのが好きだったんだね。プロモーションビデオも見たけど、久しぶりにジュニアの時を彷彿させる笑顔で笑っていて、はっとした。公に見えるところではいろいろと表現できないことがたくさんあったんだろうな。関ジャニを離れてしまったことはとても残念だけど、それでもこの笑顔が答えなら、仕方がないことなのかもしれない、と思ったりもする。

そして本家、関ジャニ∞は最近、自分たちのレーベル「インフィニティ・レコーズ」で過去最高の売り上げを記録した。その曲が「友よ」  

7人の関ジャニが大好きだったけど、今は5人の関ジャニと二人のソロを心から応援できるように調整中。だからお願い、もう少し今のままでいるってことにしておいて。終わりの始まりなんてもってのほか!

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アマゾンJapan

Amazon UK

Honto

海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM