ウェットフードの写真

  • 2020.09.12 Saturday
  • 04:40
猫のごはん、とくにウェットフードはずいぶん迷った。今でもいろいろと買っている。
「ウェットフード」とひとくくりにいうが、どの程度加工されているかによって、与えたくないものもある。
ガチガチの自然派や有機志向ではないものの、できれば工場製品は避けたいとは思う。

そのような消費者心理を知ってか知らずか、イギリスのスーパーや路面専門店で買えるキャットフードの多くはウェットフードの形状をパッケージに記している。

我が家でよく買うブランドの一つ、アプラウズ  は素材を生かすタイプ。

イギリスで一番人気(?)のフェリックス  や、日本で人気のある(?)シーバ  はしっかり加工タイプ。これは殿は好きだが、ニンゲンがあまり好きではないので買わないようにしているが、James Wellbelovedのウェットフードは加工されているが、ニンゲンの何かに刺さるので時々買う。2分の1ぐらいの確率で手を付けない。同様にプロプランのウェットフード  も殿がお好みではないので買わなくなった。

しっかり加工してあってもピュリナゴールドのパテ  は基本、絶対に残さないので常に在庫はしておく。

ウェットフードは一種類に決めず、いろいろなものを試すようにしていたが、結局、いつも似たようなものに落ち着いてしまうのは、きっと猫にいいように操られているからなんだろうと思う。別にいいけど。

猫が毛布にくるまって眠る季節がやってきました

  • 2020.09.04 Friday
  • 02:45
殿は暑がり。しかし最近、もしかしたら寒がりでもあるのかもしれないと思い始めた。

さすがに30度を超えた時期はダラダラと少しでも涼しいところ、風の入るところを探しては移動して昼寝をしていたのだが、20度台になったら、手のひらを返したように寒がるようになった。  これはビニールシートとひんやりペットシートの二枚使い。

晴れた日の午前中は東に面した窓辺で、天気の悪い日は比較的熱がこもっている西側の壁際でウトウトするが、すぐに「お腹空いた」アピールに余念がない。「これ好きやねん」

たぶん、寒くなったので体温を保つために食欲がわいてきたのだろう。わかるよ。ニンゲンだって肌寒くて長袖を引っ張り出して着ているんだもの。 さすがにコットン素材止まりだけど。

そして最近は、毛布にくるまって昼寝をするようになった。

ベッドの上に座って日課の読書をしていると、殿がぴょいとベッドの上に飛び乗り、
折りたたんであるフリース毛布の周りを、ニオイを嗅ぎながら歩き回る。
本から目を離さないようにしながら、毛布の端をひょいと持ち上げる。
すると殿は毛布の中を探検するかのように低い姿勢でもぐっていき、その日のベストポジションを見つけてくるんと丸くなる。


本から目を離さないようにするのは、私が読書を続けたいからではなく、
殿が見られるのを嫌がるからだ。彼は「おー、いらっしゃい。寝るの?」などと声をかけられたり、毛布の中に入っていくのを見られたりするのがお嫌いらしく、そのような態度をとると、ぷいとベッドから飛び降りて、その日は別な場所で昼寝をするのである。難しい。

毛布にくるまって寝るのは2時か4時ぐらいまで。
私が読書を終えてその場を離れる時に、そっと背中を触る。
熟睡していると何の反応もないが、ウトウトしている時は低く「グルル」と声を出す。
反抗期の少年の「何?!」と全く同じニュアンスなのがおかしい。

目が覚めると、私のところに「なんか食べるものない?」と、のっそりやってくる。
これもまた十代の少年っぽくて、ほほえましい。

ニンゲンの年齢にしたら65才ぐらいなのに、猫はいくつになってもかわいい。
最近かわいいなと思っているニンゲンは「なにわ男子」と「Lilかんさい」。「なにわ」には十代のメンバーがいるし、「かんさい」は全員が現役高校生。

そんな我が家のアイドル級にカワイイ殿。
今年の冬はついに一緒のベッドで川の字になって寝る夜が来るのか!
ぜひきてほしい。ドキドキわくわく!

大きいにもほどがある

  • 2020.08.28 Friday
  • 03:48
殿は大柄だ。パッと見てわかるぐらい大きい。
が、決して肥っているわけではない。

お腹の皮は年齢にしては垂れていない方だと思うし、
脂肪が入ってパンパンという訳でもない。
上から見るとちゃんと「腰」はあるし
横から見ると足の筋肉の動きがはっきりと見える。

でも猫としては大きい方だし、体重も友達が飼っている
「この種類にしては大きい」という小型犬と同じぐらいある。


8月半ばの35度過ぎた猛暑の時期のこと。
暑がりの殿に少しでも涼しく過ごしてほしいと、バスタブに2センチほど水を張った。
バスルームから来る風が涼しくなるというネコ博士の見解。

実際それで空気が冷えるとはあまり思えなかったが、
それでもやめなかったのは

殿が前足の濡れるのも厭わず、バスタブの中に入り、
張ってある水を美味しそうに飲むからだった。

もともとニンゲンが入浴中に覗きに来ては、
お湯を飲もうとしたり、実際に飲んだりしたことがあったので
バスタブをきれいに洗い、すすぎもしっかりするように心がけていた。

熱波が去った後も、殿はバスタブの端に座り、
「今日はどうして水がないのかな?」という顔をしたのを見て
バスタブに水を張るのが定番になった。

殿はバスタブを自分のテリトリーにした。

しかし、毎回前足を濡らすのは嫌だろうというネコ博士の心遣いで
水を入れた器をバスタブの中に置くことにした。

ニンゲンの入浴は猫が寝ている時に限られる。

うちの子記念日

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 05:24
今日は関ジャニ∞の新曲「Re:LIVE」の発売日。多くの熱心なファンは昨日のうちに入手したようだけど、BillboardやTwitterのトレンドのカウントは今日から!CDからPCや携帯に読みこむのも19日からの分がカウントされるそうですが、この話はまた後日。

一昨日(8月17日)は「黒猫感謝の日」ということだったけど、今日は姫と殿の「うちの子記念日」。

保護施設に来る猫たちの誕生日は、年は獣医の見立て、月日は最初に保護シェルターに来た日という、何とも味気ない日ということになっている。

でも「うちの子記念日」は間違いなく、我が家の歴史だ。

姫の命日もわが家の歴史ではあるのだけど、まだきちんと向き合うことができない。
いつもではないけれど、姫はまだここにいるように感じられるので。

姫、殿、うちの子になってくれて、本当にどうもありがとう。大好きだよ。

私の事、好きでしょ?

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 04:13
どこの少女漫画のセリフか?と自分でも思うけど、猫が言わせるのだ。

殿は、元の性格がそうなのか、育ってきた環境のせいなのか、あまり人にべったりしない。本ニャンが暑がりというのも多少は関係しているだろう。

だから肩や背中に乗ってきたり(薄着の季節は困るけど)、食べ物がほしいわけではないのに膝に飛び上がったり、一緒のベッドで寝たりすることに憧れる。

それでも最近、ニンゲンの就寝時に一緒に来て、私が本を読んでいる傍ら(しかし同じベッドではない)で丸くなって寝ていたのに、朝になったら違う部屋に移動していたことがあった。冬の寒い時期ではなかったことから、もしかしたらこのままベッドルームで寝るのが日常になるかと期待したが、2回ぐらいで終わってしまった。がっかり。

もちろん、殿がニンゲンにじゃれる時もある。主に朝の食時の前だ。これは寝ていようが寝たふりをしていようが、トイレに行きたいのと睡魔がしのぎを削っていようが関係なくベッドに飛び乗って来て、その時の気分次第、私の寝相次第でみぞおちか胸か膀胱に肉球を押し付ける。
そうやって力ずくで起こした後は、私の足にまとわりついたり手指に顔を擦り付けてきたり、オデコ同士ごつんしたり、口のニオイを嗅ぎたがるなど、甘えまくる。

グルーミングの時間になると、また近寄ってくる。ネコは入れないキッチンに行くと、扉の所で待っている。キッチンから猫草  を持って来ると、トロッコでアリーナを回っているアイドルに手を振るスタンド席最前列のファンのごとく二本足で立ちあがって「ちょうだいアピール」をする。

朝のルーティンが終わった後の昼寝の時間と私の始業時間がだいたい同じ頃なので、眠たくなると呼びに来る。
再び空腹になって目が覚めると、のそーっと私の後ろに来て鳴いたり、わざと音を立てて毛づくろいをしたりして存在感を出す。それでも手が離せないと、椅子に座っている私の足腰を背伸びしてトントンとたたいて存在をお知らせ。

起きている時は呼べば(そしてフードの入った入れ物の蓋を開ける音がすれば間違いなく)やってくる。最近、ジェル  を使った本格的な歯磨きを始めたばかりで、殿には辛いことも多いと思うのに、ちゃんと来てくれる。

そして今も、気がついたら、私の椅子の後ろで寝そべっている。

ねぇ、殿、私の事、好きでしょ?

猫の歯磨き方針転換

  • 2020.08.03 Monday
  • 02:06
殿は2年ぐらい前から定期健診で奥歯に歯垢がたまっており、歯茎に炎症があることがわかっているが、歯垢除去は全身麻酔ということもあり「また次回にしましょう」と、毎回言われている。

私自身、虫歯が多く奥歯は全て詰め物または被せ物がしてあるので、歯の不調の不快さは身をもってわかっているので、病院にいかなくてもできるだけナントカしてあげたいと思い、日本に行った時に歯磨きシート  を買って何度か使っているが、指に巻き付けて奥歯を磨くなんて、わりと頑固で嫌な事は嫌、というある意味典型的な猫である殿にはかなり難易度が高い。

それでもオヤツで釣ったりして歯磨きシートを使ってきたが、粉末の歯垢除去剤 があると知った。
ウェットまたはドライフードにふりかけまたは混ぜるだけだという。

一瞬、お値段に怯んだが、猫砂  を送料無料にしたかったこともあって、購入。

思っていた以上に小さいボトルで専用スプーンは小さじ4分の1かそれ以下のサイズ。原材料は海藻などの自然物なので肉より魚の好きな殿には大丈夫だろうと思ったが、それでも念のため、彼の大好きなウェットを選んで仕込んでみた。

初日は完食。

二日目は量が多く混ぜ方が足りなかったようで失敗。
初めての物は初めてというのが理由で試さない殿らしい、と思いつつ、翌日からは少なめの量で、しっかり混ぜて慣れるのを待つ。効果は3-8週間後だそうだ。

殿、一緒に頑張ろう!
まだ歯磨きシートもあるけど、どうする?

学習した!

  • 2020.07.20 Monday
  • 02:13
猫はよく吐くと酒井順子の本で読んだ。  かなり苦しそうに吐く割には、直後からケロッとしているとも。

当時はそんなものかと思っていたが、そんなものだった。特に毛玉を吐く時。
季節的なこともあるので、こちらも猫が吐かないように、ブラッシングしたり、毛玉ができないようなフード  で対応する。

殿は時々食べ物を吐くことがある。
だいたいが空腹に急いでガブガブ食べて、戻してしまうのだが、それも一回吐いたら終わりだった。

しかし、先日は立て続けに3回吐いた。

一回目は吐く音に気がつき、駆け付けて手のひらを差し出したが、私の手はそのためにあると知っていた姫と違い、殿は私の手を避けて、カーペットの上に豪勢にやりやがった。が、吐きなれていないので、仕方がない。この時は主にドライフード。

二回目はベッドの下で、いつの間にか吐いていた。主にウェットフード。

三回目はダイニングテーブルの近くで、ゴボゴボ言い出したので、秒で手を差し出して間に合ったが主に水分。指のあいだからカーペットに漏れていった(涙)

一回目から三回目まで90分。


四回目もあった。それは夜中(明け方?)。しかしさすがに四回も吐いたら、私の処理の仕方を覚えたようだ。

ベッドの下にやらかしたのだが、気がついた理由は、今まで一度も吐いた後始末をしたことのないネコ博士が懐中電灯片手にゴソゴソしていたからだった。それまで三回、立て続けに私が片付けていたのを手伝わされて、手順を覚えたのだろう。

そう、覚えたのはニンゲンだった。

まぁ、種族は何でも私以外の誰かが覚えてくれて、とてもありがたい。
これからは気がついた方がやるんだよ!
殿もできるだけカーペットの上はやめておくれ。

その後の殿は特に体調を崩すことはなく、食欲便通とも通常通り。あの日に限って何度も吐いたのは、ネコ博士にも後始末の仕方を教えようとしてくれたんだよね。ありがとう。

コロナから戻りつつある日常

  • 2020.07.12 Sunday
  • 01:55
一般家庭ではあまり使わないが、我が家では常備していたものが新型コロナの影響で一気に入手が難しくなったものの一つに使い捨ての手袋がある。

猫トイレ掃除や毛玉などを吐いた処理をする時には不可欠なのだが、これが新型コロナウイルスのせいで、正しい外し方も知らないような人々が我も我もと買いに走ったため、しばらくは品切れだった。

厳密には品切れとは少し違うが、ネットの購入ボタンに「医療用品のため英国政府に優先的に納入します」という但し書きが書かれて、押せないようになっていた。なるほど、そう書かれたら仕方がない、NHSで働く皆様のために、私はなんとかしますよ。

だからといって猫にトイレを我慢させるわけにはいかないので、ニンゲンが頭を使う。
最初はスーパーなどでもらえる持ち手のついていないビニール袋を代用しようと思っていたが、強度が心配。あまり大きくなくて強いといえば、犬用のエチケット袋だ  用途は同じだし。

しかし、エチケット袋の購入直前に、サイズが一つしかないビニール製の手袋は一般家庭でも購入できる事を知り、それを購入。勢いあまって大量に買ってしまったが、原産国(中国)から届かずハラハラ。結局待てずに別の「在庫在り」の売り手から買ってしまった。割高だったけど。今度からちゃんと在庫を見て購入先を決めよう。

その割高だった手袋もまだ半分ぐらい残っているのに、ちょっといい手袋が戻ってきた。


でも高い。コロナ前だったらこの半額で買えたんだよな。
あれはもう古き良き時代なのだろうか。ガソリンがリッター1ポンド未満だった時代のように。

そろってツルツヤ

  • 2020.07.04 Saturday
  • 02:20
先月の終わりぐらい、暑い日が続いたので、殿の暑さ対策として、このシート  で体を拭いてあげた。

九州の温泉宿にいる猫のお手入れとして温泉に浸したタオルで体を拭く、というのを見たのがきっかけで、気化熱を思いついたのだった。

が、このシートが「うるおうコラーゲン」というお名前通り、気化熱だけでなく、毛皮と呼ぶにふさわしい光沢と手触りをもたらしてくれた。そしてそれは思いのほか、長く続く。

そういえば、姫もこのシートで拭いてあげたらツルツヤになったなぁ。最初は嫌がっていたけど、「コラーゲン入りで潤うよ、きれいになろうね〜」と言ってから拭き始めるようにしたら、割とすぐに納得してくれたなぁ。賢い子。

毎日ブラッシングしている殿だけど、それでもいつも以上にツルツヤになった。
触ったり、頬を寄せたりしているうちに、ふと、自分のことを考えた。

私もツルツヤにしたらいいんじゃない?ということで以前紹介したヘアトリートメント  を使った。

うーん、いい感じ。でも、髪の毛は毛皮に負ける。

暑さ対策

  • 2020.06.28 Sunday
  • 01:01
シベリアが35度を超えるような熱さだというが、イギリスもそれに比例したのか、20日(土曜)の午後以来ずっと暑い。

民家にはエアコンがないのが普通のイギリス。さらに我が家は集合住宅のトップフロア。熱が下から上からやってくる。

ネコの先祖は砂漠地帯に住んでいたそうで、暑さには慣れているはずなのだが、21世紀のイギリスに生まれ育った殿は暑さが苦手。

冷感シート  をいつも昼寝する風通しのいい場所に置くが、ニンゲンのヨガマットも踏まないほどお行儀のいい猫なので、なかなか使ってくれない。

暑さで食欲も落ちがち。こういう時にありがたいのがペースト状水分補給おやつ  犬用もあった! 

それだけではなく、総合栄養食  も。これさえあればカリカリを食べなくても心配しないで済むのでありがたい。

仕上げに、これで  体を拭いてあげようかと考えている。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

アマゾンJapan

Amazon UK

Honto

海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM