<< Simpleマスク | main | 定期検診に行く >>
こんなに揚げなくても
0
    イタリア料理は嫌いではない。

    両手をあげて大好き!と言えない理由はロンドン市内なら事情は違うのかもしれないが、歩いて行ける範囲のイタリアンレストランが多すぎて玉石混交だというのと、ロンドン郊外の住宅地のためか他のイタリアンレストランとの差別化が、イタリア本国の味よりもイギリス(もしくはオーナーまたはシェフの顧客イメージ)に寄せすぎていく嫌いがあるから。

    もちろんそうじゃない地域はたくさんあると思うのだが、うちの近所は時々ものすごいハズレを出す店が時々出現するのだ。

    イカスミのパスタはほとんど見かけないし(だから見かけたら必ず頼む)
    カルパッチョもサラダの中に魚または肉があるだけ、というのが多いし、
    例えば、このシーフード盛り合わせ二人分は揚げ物多すぎである。

    Whitebaitというワカサギに似た小魚(タイセイヨウニシンやヘリングなどの稚魚)はもちろん、揚げてほしい。

    しかし、イカは炙るとか(舟歌か?!)、フライパンでさっと焼くのも美味しいし
    エビに至っては湯通しするだけとか、いっそ生ならもっと嬉しい。

    もちろん、ここはイギリスのイタリア料理店だから生のエビを出すことは難しいだろうけど、それでも全て揚げるだけって、ひねりがなさすぎる。
    油で胸やけするだけでなく、前菜だけで満腹になってメインの味はしなかった。

    今までは「たまに行くこともある店」、というカテゴリーだったが、その日を境に「もうあってもなくても気にしない店」になってしまった。

    個人的に、特に油が苦手というのもあるのだけど、とても残念な体験だった。
    だけど、思い出すだけで胸やけが…
    カテゴリ:食卓 | 02:33 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 02:33 | - | - | - |
      コメント
      コメントする