<< こんなに揚げなくても | main | 世界的なのに宣伝 >>
定期検診に行く
0
    今年の2月、姫がみまかったあとすぐに殿も同じ獣医さんに登録した。
    あれから半年。普通、定期検診は年に一度なのでちょっと早いが、何も寒い時期に行く必要はないと思い、予約を取った。

    獣医さんまで車で10分、5分前についておきたいので、出発の40分前に殿を捕獲すれば十分だろうと思った。この前の外猫ちゃん捕獲作戦だって10分でできたのだから。

    甘かった。

    リードをつけたハーネス を装着していたので、遠くには行かないのだが、筋肉質の殿は足の力が強い。どうしてもキャリーに入りたくないと大格闘した。
    こんなかわいいハーネス、骨格のがっしりしているイギリスの猫である殿どころか生前の姫も入らないだろうけど、いいなぁ、と思う。

    なんとかキャリーに入れて、あらかじめフェリウェイ をスプレーしておいた車に乗せた。が、今回もまた獣医に行くときにしか出さない切ない声で鳴き叫ぶ。
    ダメもとでちゅーる を差し入れたら、鳴き止んでおいしそうに食べた。それでだましだましして、10分遅れで獣医に到着。

    頭では理解していたハズバンダリートレーニングの重要さを改めて知った。

    いろいろと心配して症状のメモまで準備していったが、いくつかのケアの仕方を教わっただけで、基本、ほぼ全て杞憂に終わり、むしろ「健康優良猫」のお墨付きを頂いた。ただ、来年、10歳になったら気になるところをまとめて血液検査も一緒にしましょう、という話になった。

    殿は診察台でもちゅーるを舐め舐め、おとなしくしていた。
    前回はあまりのストレスに移動中に粗相をしてしまったことを思うと、かなりの進歩である。しかし、まだ彼のストレスは大きいので、来年までにキャリーに入る、そのまま、車で10~15分ぐらい移動する、の練習をしておきたいと思う。

    開始は殿の怒りが納まってから…
    カテゴリ:ネコ猫ねこ | 04:31 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 04:31 | - | - | - |
      コメント
      コメントする