<< 膝乗りネコ | main | アーモンドミルクを飲んでみた >>
JAL深夜便(JL41)に乗ってみる
0
    良い評判を聞いていたので久しぶりにJLに乗ることにした。
    羽田発ロンドンヒースロー行きの41便だ。

    これは日本を深夜に出発し、イギリスに翌日の早朝に到着する便で、イギリスの冬時間は午前2時45分に羽田空港を出発する。

    機内では最初の食事はでず、その代わりにすべての乗客にラウンジを解放する。
    そこでご飯を食べて、機内に入ったらすぐに寝ろ、ということらしい。が、ラウンジが開くのが夜の23時30分(イギリス冬時間の場合)。日本時間では食事したら確実に肥る時間帯。カレーが美味しいと聞いているので、食べたい気持ちはやまやまだが、既に滞在中に肥ってしまっているので、迷う。

    出発が遅いので出発日は一日を「有意義に」使えるはずなのだが、今回私はBA
    (英国航空)のチケットを買ったので、オンラインチェックインができなかった。
    つまり、少なくとも2時間前にチェックインしなければいけないのだ。

    チェックインしていないということは座席が決まっていないということ。春夏冬休みの繁忙期ではないし、贅沢は言わないが、おひとりさまゆえ、真ん中の席になってしまう可能性が高く、座席がきちんと決定するまでは心にひっかかりがある。

    心をざわつかせるのはそれだけではない。滅多に里帰りしないので、いろいろと買いこんでしまうのだ。今回は23キロが2点まで預け入れできる。よせばいいのに、その限界に挑戦したのだ。手荷物も規定ギリギリなので、衣服を身に着けるか、食べ物を食べるか、何かを捨てるしかない。それも一つは段ボール箱。我ながらチャレンジャーだよ。

    という訳で、季節外れの暑さの東京を季節通りの寒さのロンドン仕様の服装で、出発の2時間前どころか7時間前に空港に到着した。
    ポケットWi-Fiを返却し、送っていた預け入れ荷物を引き取り、チェックインして、本屋でゆっくり立ち読みして、冷たい抹茶入りの玄米茶を飲んで、出国。

    した後に、マイレージ番号が伝わっていないことを思い出したり(後でやる!)、パスポートに出国印を押してもらうために遠くまで歩いたり、コンタクトを外して化粧を落としてもまだ時間がある。

    かなり空腹になってきた。やっぱりカレーを食べようと思う。
    カテゴリ:日記 | 22:55 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 22:55 | - | - | - |
      コメント
      コメントする