<< 英子の森 | main | ねこ茶 >>
彼女はこの反論にどう対応するだろうか
0
    「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」とマリー・アントワネットが言ったと伝えられている。実際「ケーキ」は「ブリオッシュ」だったそうだが、当時の日本人はブリオッシュを知らなかったから「ケーキ」。

    甘党ではない私はブリオッシュがあまり好きではない。
    ここ5年位前にやっとブリオッシュを知ったイギリス人はどういう訳かハンバーガーにブリオッシュを使いたがる。なぜそういう高カロリーなものを合わせるのか?それにほんのり甘いブリオッシュをしょっぱい肉と合わせるなんて、体や脳が混乱する!

    甘いものとしょっぱいものの食べたい時が違うのは私だけだろうか?

    甘いものはちょっと小腹が空いた時や、軽くでいい時に手が伸びるが
    しっかり食べたい時はしょっぱいものに限る。

    だから、しっかり食べたい時にブリオッシュなんて甘いお菓子のような「ケーキ」を食べる気にはなれないのだ。


    と言ったら、確実に今の我々レベルには贅沢を知っているマリー・アントワネットなら、わかってくれるだろうか?
    それとも、彼女はカロリーなんて関係なく甘い物は別腹の若い女性なのだろうか。
    カテゴリ:日記 | 05:56 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 05:56 | - | - | - |
      コメント
      コメントする