<< 好きな「寿司の種類」なに? | main | 虫効果 >>
賢いなぁ
0
    姫と殿がうちの子になった当初、姫の賢さはすぐに伝わったが、それに比べて殿はシャイで身体が大きかったこともあり、のんびりしているというか、わかってるのか、わかってないのかよくわからなかった。

    しかし、姫に美しいと言い続けたのと同様に殿にも賢いと言い続けた。

    本当にそう思っていたつもりだが、もし100万回聞かれたら、
    もしかしたら何回かは自分に言い聞かせていたと答えるかもしれない。

    しかし、言霊なのか、私の目が曇っていただけだったのか、
    殿は賢いと心から信じられるようなことが最近立て続けに起こった、
    というか気が付いた。

    猫が本気を出したら、できないことはない。
    脚力の強い殿は170センチぐらいの高さまでなら飛び上がれる。

    以前は台所に入らないようにと子供だましのこのような柵があった。犬になら効果があるだろうが、猫はそれも簡単に飛び越える。飛び越えて、ローストチキンを一口食べた。

    リビングのテーブルも我が物顔で歩いた。窓際からソファの背を伝って、テーブルには一直線になっている。テーブルまで来て、スコーンをがぶりと食べた。

    しかし、こちらも黙ってはいられない。柵は自家製の木の引き戸になったし、リビングも家具配置を変えて一直線では来れないようにした。
    それでも最初のうちはテーブルに飛び乗ったこともあり、猫が嫌うというオレンジやレモンを置いたり、乗った瞬間に柏手を打ったりしていたが、殿にはてんで効果なし。
    疲れ果てた私が「ここはテーブル。人間の食べ物を置くところなの。乗らないで」
    と言ったら止まった。今ではテーブルとプリンターが置いてあるデスクが近く、猫的には一直線なのだが、殿はテーブルには乗ってはいけないことを理解していて、デスクまでは歩くが、テーブルの手前で床に降りる。あまりにもそれが普通になっていて、忘れていたが、これは殿が我が家のルールを理解し、順守してくれている証拠だ。

    他にも、クリッカートレーニングの動画や、パズルフィーダーでおやつを探し出す様子を見た友達が「賢い!」を連発したりして、私自身、もう迷いはない。

    殿は賢い。
    そして姫も美しい。あの瞳、ふさふさのしっぽ。漆黒のちょっと長めの毛。あれを美猫と言わずして誰のことをいうのだ。

    あぁ、これでやっと私も彼らの下僕になれた。幸せ。
    カテゴリ:ネコ猫ねこ | 02:04 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 02:04 | - | - | - |
      コメント
      コメントする