<< 友達が来る〜! | main | ロンドンもっと偏食生活No.40発行します >>
好きな「そば」は、何そば?
0
    好きな「そば」は、何そば?



    月見そば。

    母は天ぷらそばが好きで、父は山菜そばやとろろそばが好き。
    弟は…なんだろう?もう今はそばは食べないかもしれないなぁ。

    そばでもうどんでも月見が好き。
    今は山菜やとろろもいいなぁ、と思うし、機会があれば食べてみたいと思うのだが、実際に注文するとなるとやはり月見を選んでしまうような気がする。

    天ぷらは時々食べる。
    が、つゆについてふわふわになるのが嫌なので、別なお皿に盛ってもらう。

    高校時代の学食には「コロッケカレーうどん・そば」というメニューがあった。普段はお弁当だが、土曜日に午後までいる時はコロッケカレーうどんをお昼に食べた。もちろんコロッケは別皿で。

    なんで土曜の午後までいたのか思い出せないのだけど、少なくとも一回は夏場の体育のプールを見学した分の帳尻合わせだったと思う。水泳部仲間が一緒だったから。彼女は「コロッケカレーそば」を頼み、コロッケをぐちゃぐちゃに浸して食べていた。うわー、なんだそれ〜!

    女子が体育の水泳を見学する理由は一つ、のはずなのだが、まぁ表向きは一つなのだが、「見学した回数かける100メートル(だったか50メートルだったか?)、後日まとめて泳ぐ」と発表されたので、どうせ夕方から2時間、クラブでみっちり練習することになっている運動嫌いの水泳部員は「昼間の学校では泳ぐと疲れるし、そのくらいならまとめて泳いだ方がラクだから」という理由で見学した。それも何度も。

    で、ある秋の日、指定された時刻にプールサイドに現れ、他にも見学していた女子たちがまだ更衣室にいる間に、二人してちゃっちゃと泳いで帰ったのだった。もちろん、その日はクラブの練習は休んだ。一石二鳥。

    ええ、そうです。だから一流選手にはなれなかったんだけど、別にそれでも私の人生になんの後悔もない。むしろ水泳だけしかしていなかったら出会えなかった世界が広がって、よかったとさえ思っている。

    そんな感じでゆるくしか泳いでいなかった上、何十年ものブランクがあったというのに、今のジムで泳ぎ始めて数か月もしたらライフガードスタッフの間で有名になっていた。「The real swimmer(水泳選手)」というあだ名まであるそうで、あるスタッフは「僕が今まで見た中で、君は上位3位に入る素晴らしいスイマーだよ!」と握手を求めてきた。ありがとう。練習も体育の授業もさぼり倒したんだけどね。

    「カレーコロッケうどん」でこういうことを思い出すので、ジムのカフェでカレーコロッケうどん、出してくれないかなぁ。月見うどんまたはそばでも可。グルテンフリーのこんにゃくでもいいから!パン以外の温かい炭水化物を!
    カテゴリ:日記 | 15:45 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 15:45 | - | - | - |
      コメント
      コメントする