<< 「ロンドンもっと偏食生活」No.42発行します | main | 腹部の脂肪の取り除き方 >>
エクレア
0
    ロンドンの地下鉄サウスケンジントン駅をでて、美術館、博物館とは反対の方に行くと、フランスのエクレア専門店、Maitre Chousがある。

    フォートナムアンドメイソンやオックスフォード近郊のアウトレットタウン、ビスタービレッジにもあるらしいので、知っている人も多いだろう。

    それでも私が本店にこだわるのは、初めて知ったのがそこだったから。

    最初に見たのはテレビの車番組で、店の前に駐車をしていた時から後ろの白くてパステルの丸や棒が描かれていた壁に惹かれたのだった。
    丸はシュークリームで棒はエクレアだとしばらく後になるまで気が付かなかったが、「ポップでキュートな」というかわいらしい形容詞がピッタリなのだ。

    甘いエクレアだけでなく、おかずエクレアもある。



    組み合わせれば、ランチや軽食で満腹できることだろう。
    ふだんは甘いものよりもしょっぱいものの方に手が伸びるのだが、今回はそれに勝る甘い誘惑があった。
    それが「パリ・ブレスト」日本では特に珍しくもない、プラリネクリームをシュー生地に挟んだタイプのエクレア。ヘーゼルナッツもシュークリームも大好きなのに、イギリスではめったにお目にかかれない幻のお菓子。

    奥には最大で6人が座れるイートインコーナーがあるが、せまい。
    私が行った時は食事にもおやつにも当てはまらない中途半端な時間だったのに
    それでも次々とやってくるお客さんのため、椅子が冷えることはなかった。

    この店には他にもソーホー、キングスロード、カナリーワーフ店があり、
    ゆっくりしたいのならそちらのカフェに行く方がいいだろう。

    コーヒー豆にマンモスコーヒーを使っているというのもまたいい。
    今度はおかずエクレアを食べてみたいな。いつになることやら、だけど。
    カテゴリ:食卓 | 19:15 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 19:15 | - | - | - |
      コメント
      コメントする