<< 「ロンドンもっと偏食生活」No.43発行します | main | 姫のシュアーフィーダー >>
カレーのこだわり、なんかある?
0
    カレーのこだわり、なんかある?



    ある。自分では作らない、というこだわりが。

    子供のころはいわゆる日本の箱に入ったルーから作るカレーばかりを食べていたが、高校生になって初めて本場インド風のカレーを食べて衝撃を受けた。
    その時に頼んだのはほうれん草とチーズのカレー。美味しかった。幻の味だ。

    以来、変わったカレーがあると食べてみるようにしていた。

    時は流れて、私も流れてイギリス。
    インド系イギリス人も多く住むこの国ではカレーはインド風と相場が決まっていた。東はバングラデシュから西はパキスタンあたりまで、つまり旧インド亜大陸のどこの地域のカレーもちょっと電車に乗るだけで食べられる。

    それだけではない。店に行かずとも、スーパーや小売店などでレトルトのインドカレーが売っているので、家でも手軽に楽しめる。

    もう作る気なんてしない。


    最大の理由は、私には作れないからだ。

    もちろんレシピは聞いているし、ネットで探せば簡単に見つかるはずだ。
    しかし、実際にカレーを作っているのを見て愕然とした。

    大量の油を使うことに。

    一度、頑張って作ろうとしたが、どうしても指定の量の油を入れることができず、中途半端なものが生まれた。玉ねぎをあめ色になるまで炒める油は「これで天ぷらでも揚げるのか?」という量。美味しいはずだよ。

    ということで、それ以来、カレーはもう作らず、外食することにしている。
    インド風だけでなく、タイカレーも徒歩圏内だし。

    幸いなことに、近頃は日本風のカレーもイギリスで手軽に楽しめるようになってきている。カツカレーがイギリスのスーパーで買えるのだ。わざわざカレーを作って、カツを揚げて、なんてしなくてもいいのだ。

    もうどんなカレーも作る理由が思い浮かばない。
    カテゴリ:日記 | 03:27 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 03:27 | - | - | - |
      コメント
      コメントする