<< アレルギー家族 | main | カウンター >>
防水音楽再生機
0
    とにかく数字が苦手で、数えることも苦痛。最長でも200mまでしか泳がないスプリンターなのに、どのくらい泳いだかわからなくなり、わざと順位を遅らせたこともある。

    一種目だけを続けて泳いでいるのなら「25m、50m、75m、100m」とそれだけを考えていればいいのだが、それでも「あれ?これは275m?それとも225m?」と迷うことはしばしばある。別に少しぐらいならずれたってかまわないのだが、なんでも記録しておきたい記録魔なので、できれば正確に記録したいし、何より、好きでもない運動をしているのだから、できれば最低限の努力でビシッと終わらせたい。

    音楽はそういうささくれだった心を癒してくれるし、何より泳ぐモチベーションが上がる。それに「3曲終わったからだいたい10本終了」という目安にもなる。

    初代の音楽デバイスはSonyの防水ウォークマン  だったが、イヤホンが合わず、ものすごく痛い思いをしていた。結局、水につけてはいけないところを洗っている時に誤って水没させてしまい、さようならした。

    人懐っこいおばさん(お孫さんがいると言っていたのでおばあさん世代だが)に薦められてこれ  を次に購入。骨に響かせるタイプということで、確かに耳は痛くならない。

    ちょっと大きいし、水中使用に特化しているので、陸上向きではないが、そんな欠点を補って余りあるほどの便利さだった。

    購入前の調査では充電ユニットの接続部分が汚れて充電が上手くいかないことがあるが、それはお酢を浸した綿棒で掃除するといいとあったので、心に留めていた。のだが、悲劇はそこではなく、本体から出ているワイヤーが千切れて、さようならすることになった。

    一体、いつの間にそんなところに負担がかかっていたのか、謎で仕方がない。
    ちなみにそういうレビューも一件あったのだが、私の購入後に書かれていた。そのレビュワーは購入後すぐにワイヤー破損が起こったので返品してもらったようだが、半年以上も使っている私は無理だと思うので、諦めて、次のを探している。

    同じものを買うか、それとも違う骨伝導タイプのものを買うか、迷う。

    迷うのは楽しいけど、泳いでいる時はつまらない。
    カテゴリ:運動記録 | 01:31 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 01:31 | - | - | - |
      コメント
      コメントする