小さくても海は国境

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 06:18
外務省の海外安全ホームページが更新されたと、在英日本大使館からお知らせが来た。

それによるとEU加盟国の多くがレベル3の「渡航は止めてください」になっている。イタリア、フランス、スペインなど外出禁止令の出ている国々やアンドラ、モナコ、バチカンなどその間にある国や地域、そしてスイス、ベルギーなど国境を接する国々は当然としても、いつの間にかエストニア、オーストリア、スロベニア、デンマーク、ドイツ、ノルウェーが入っていたのには驚いた。

特にエストニア。私も行ったことのある大好きな国。遠いんだよ。元バルト三国で、中でも一番北にある国。近隣のスウェーデンやフィンランド、国境を接しているラトビアはレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」なのに。

察するに、人々の出入りが自由だったんだろう。マイナンバー制度がかなり進んでいて、住んでいなくてもバーチャル住民票取れるなどIT立国でもある。普段から自宅勤務が進んでいて、自主隔離はお手の物かと思ったら、どうやら自由過ぎて人の出入りが多かったのだろう。3月11日の時点で既に13人もの感染者が報告されている。3月13日(金)を最後に国境と学校を実質閉鎖。

一方イギリスは3月20日に学校閉鎖、23日には外出禁止令まで出たが、今でも日本政府の安全情報はレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」のまま。
その他のレベル2の国々はアイルランド、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スロバキア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ポルトガル、ラトビア、リトアニア、ルーマニアである。
EU発足当初から加盟していたベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、フランス、イタリアがレベル3。1973年に加盟したデンマーク、アイルランド、イギリス、1995年のオーストリア、フィンランド、スウェーデンのうちそれぞれ3分の1がレベル3。1986年に加盟したスペイン、ポルトガルは半分がレベル3。

何が言いたいのかというと、西ヨーロッパの国々を中心に渡航禁止が広がっているんだな、ということ。

21世紀になってもなお海は人々の移動を妨げるし、イギリスがEUを離脱したいというのは、心理的物理的な距離感の違いから、やっぱり順当なのかな、と思った。この騒動でEU離脱に賛成する人も増えたのだろうか。そんな調査してる余裕ないと思うけど。

スポンサーサイト

  • 2020.04.02 Thursday
  • 06:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM