キャンディス・ブラウンさん

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 02:14
新聞の日曜版のグルメコーナー。
この週は「アルコールがちょっと入ったデザート」特集。

パッションフルーツソースの二層ムースパフェはラムだったかコアントローだったか。



それよりも私にとって大事だったのは、コメントした人のお名前。
「Candice Brown (キャンディス・ブラウン)」さん。

キャンディスといえば、愛称は当然キャンディ。あの「キャンディ・キャンディ」も一巻の冒頭で「この子を、キャンディスをお願いします」というメモと一緒に孤児院の玄関で発見されたのだ。

「キャンディとテレンス」  イタリア語版なのでテリー(テリュース)もイタリア名になっている!

その孤児院でおてんばなキャンディと姉妹のように育った泣き虫なアニーは、10才になるかならないかでお金持ちのブラウン夫妻に引き取られていった。最初のうちはキャンディを思い出しては夜な夜な泣いていたアニーだが、新しい友達ができてくると、「遠くの親戚」というブラウン夫妻とつじつまを合わせることになり、断腸の思いでキャンディに別れの手紙を書く。その後、二人は何度となく再会することになり、結局はロンドン留学時代に知り合ったパティと3人で仲良くなるのだが。

とにかく、そのキャンディとアニーに関係している名前を持つ人がいるだなんて、確率の問題でしかないけれど、「キャンディ・キャンディ」を今でもこうやって思い出せるほど熟読していた小学生だった私は、ドラマを感じてしまう。このキャンディスさんのミドルネームがパトリシアだったりしたら、もう最高!なんだけど、これだけでも十分、どんぶり飯を戴けました。

となると、やはりこの後はデザートか?

スポンサーサイト

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 02:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    アマゾンJapan

    Amazon UK

    Honto

    海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM