自力で膨らむ粉

  • 2020.07.23 Thursday
  • 04:39
「自力で膨らむ粉」という日本語から「Self-raising Flour」が導き出せた人はいますか?
だとしたら「検算終了」なのだけど。小麦粉100gに小さじ1のベーキングパウダーが入った小麦粉のこと。日本でも探せば手に入るようです。
コロナ禍前のイギリスでは小麦粉の棚に半々の割合でおいてあった。老舗ブランドのもの からスーパーのPB品まで何種類かあるが、どこのメーカーも普通の小麦粉は赤、セルフ・レイジング・フラワーは青のパッケージを使っている。

日本では「ホットケーキミックス(略してHM)」が人気だが、イギリスには「Self-raising Flour」が主流だと思っていただけるといいと思う。もちろん、イギリスにもHMのようなものはある。 これはレインボーケーキの素だけど、バニラ味やチョコ味もある。

セルフ・レイジング・フラワーで何を作るのかというと、手ごろなのはスコーン。イギリスのスコーンは甘さ控えめ。立方体に切ったチーズを入れたチーズスコーンもある。そういえば、以前紹介した辛いケーキもきっとセルフ・レイジング・フラワーを使っている。

砂糖を入れなければならないというひと手間はあるが、甘さの好みは千差万別、自分で決めたいのがイギリス流というところだろう。甘党が少ないのか、私のように糖分は液体(アルコール)で摂取したい人が多いのか。いやいや、そんなことはない。イギリスには美味しいジャム  とクロテッドクリーム  がある。イギリスでは「ロダス」が人気だけど、さすがに10個はちょっと…と思うなら、日本の中沢乳業! クロテッドクリームは強烈な甘さは感じないけれど、乳製品の旨味をたっぷり味わうことができる。あー、食べたい。

スポンサーサイト

  • 2020.08.11 Tuesday
  • 04:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    アマゾンJapan

    Amazon UK

    Honto

    海外発送手数料無料のHontoトップページへは下の文字をクリック↓↓

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM